上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ex エックス (2011年)

EX
【原題】RANCID
【制作国】南アフリカ
【収録時間】90分
【監督・脚本】アラスター・オア
【制作】ライアン・マクケット
【脚本】ジョンサン・ジョーダーン
【出演】ブランドン・オーレ(ウィリアム)
    マイケル・トンプソン(ドミニク)
    インゲボルク・リードマイヤー(サマンサ)
    ライアン・マクケット(ジェイク)



観想】


4人の男女が3日間の治験に参加して酷い目に遭う話です。

この話の舞台は普通の病院ではなくて廃病院です。

武器を持った防護服の人間に監禁されてしまいます。

水や食糧は与えられません。

治験者は体が徐々に腐り凶暴なゾンビみたいになります。



これだけ書くと面白そうな話に思えますけど

思ったよりも内容がつまらなかったです。

治験者の4人がメインの話かと思っていたら

途中から違う女(メーガン)が登場し、

武装した社員たちが感染者を始末しながら

その女を捕まえようとする話も絡んできます。

出だしは良かったけれど、

ドラマとしては面白く無かったです。(;^_^A アセアセ・・・

私的にはメーガンが出てこない方が良かったと思います。

4人の体が変化してゆく話の方が見たかったです。

最後には何の実験だったのか明らかになります。

勘の良い人なら多分途中で分かるかも知れません。

安っぽくなく、特殊メイクも良かったのに惜しい作品でした。



あらすじ】


4人の男女がジェンテックB14の治験に参加する事になりました。

報酬は3日間で25万ドル。

その場で薬剤を1粒飲んでみると意識が無くなり

目覚めると防護服を着た武装した者たちに運ばれ

廃病棟に監禁されていました。

薬の効果なのか?

車椅子のドミニクは歩けるようになり、

ウィリアムの首元のタトゥーは消滅

ジェイクの脳腫瘍の傷が消え去り

サマンサのピアスの穴が塞がっているのが分かりました。

しかし、時間が経つにつれ体に変化が起き始める者が

出始めました。

他のフロアーではジェンテック社の武装した者たちが

感染者を始末していました。

2か月前にここへ連れて来られたメーガンは

体が腐る事なく建物内を逃げ回っていました。

その謎を探る為、彼女を捕まえようとするのですが・・。


オススメ度】 











スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tink0917.blog.fc2.com/tb.php/277-08b7bbbd