上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ビッグハンマー・マサカー 血しぶきの狂宴 (2010年)

ビッグハンマー・マサカー
【原題】SWEATSHOP
【制作国】アメリカ
【収録時間】91分
【監督・脚本・撮影・編集】ステーシー・ダビッドソン
【制作】ローラ・ブライアント
    テッド・ケーガン
【特殊効果】クリスティ・ボール
      マーカス・コッホ
      マイク・オリバー
【出演】アシュリー・ケイ(チャーリー)
    メラニー・ドニホー(ジェイド)
    ペイトン・ウェッツエル(スコッティ)
    ダニエル・ジョーンズ(キム)




観想】


このジャケットとタイトルでは安っぽいオリジナルビデオで

酷い作品なのかな?と思っていたのですが、

安っぽい作品ではありませんでした。

久しぶりに凄いホラー映画を観てしまったと言う感じ。( ̄ω ̄;)


殺人鬼が登場する中盤までがチョット長く感じられました。

登場人物が全員イカレた人間ばかりで

会話の殆どがシモネタです。

殺人鬼に殺されても同情出来ない感じですね。(;^_^A アセアセ・・・


この作品は普通の殺人鬼モノと変わった所があって、

溶接マスクを被った巨大ハンマー男の他に

ビッグ 3

2人のゾンビみたいな女の仲間がいるのです。

動きが「呪怨」の伽椰子に似ている所があって怖いです。


今まで色々な残虐なホラー映画を観て来ましたが、

この作品は結構凄かったです。

ハンマーで下半身を叩かれ骨が剥き出し状態になり

半死状態になりながらも暫く生きていたり

拷問のような殺され方をします。

特殊効果はCGに頼らず手作りの所が良いと思いました。


最後のパーティー会場の大虐殺シーンは、

記憶に残る名場面だと思います。

残酷なラストシーンが最高でした。


この殺人鬼はかなり人気があるらしく

続編が出来たそうで、観るのが楽しみです♪


※ かなり残虐な内容のため理性がある方のみ御覧ください。




あらすじ】


旧製鉄所だった廃墟に無断で侵入し

有料の派手なパーティを企画したパンク系の男女9人は

先に到着した様子のゴーストとブランディの姿が見えぬまま

準備を始めることに。

この廃墟には巨大な鋼鉄ハンマーを持つ大男と

凶暴で野獣のような2人の女が潜んでおり

ビッグハンマー・マサカー ゾンビ女

若者たちは次々と惨殺されてしまうのでした・・。



オススメ度】 





スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tink0917.blog.fc2.com/tb.php/232-540f1434