上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イン・ザ・ダークネス (2010年)

イン・ザ・ダークネス
【原題】AND SOON THE DARKNESS
【制作国】アメリカ/フランス/アルゼンチン
【収録時間】91分
【監督・脚本】マルコス・エフロン
【制作】エリザベス・ゾックス・フリードマン
    デボラ・マリノフ・マーカス
    クリス・クラーク
    カレン・J・ローダー
【脚本】ジェニファー・ダーウィングソン
【音楽】トムアンドアンディ
【出演】アンバー・ハード(ステファニー)
    オデット・ユーストマン(エリー)
    カール・アーバン(マイケル)




観想】


アルゼンチンでサイクリング旅行を楽しんでいた2人の女性が

人身売買の組織に拉致されてしまう話です。

1970年に制作された「女子大生・恐怖のサイクリング・バカンス」の

リメイクだそうです。

私も何回か海外に旅行に行っているので

他人事には思えない感じです。


この作品に出てくる女性は危機管理能力が無さ過ぎて

観ていて呆れました。( ̄ω ̄;)

具体的に書くと・・・


① 初対面の男性に猛アプローチ!男性トイレの中まで押し掛ける

② 友人を置き去りにして観光を1人で楽しむ

③ 寝る前に目覚まし時計をチェックしない


①は論外ですね、この人は自分に相当な自信があるのかな?

常識ハズレの行動だと思います。

②は、私も友人と旅行に行って別行動する場合はあるけど

人気のない怪しい場所に置き去りにする事は無いです。

③は私の場合、海外旅行で遅刻は在り得ないです。

帰国日前日には何回か目覚めて時間をチェックします。


主演のアンバー・ハードさんは「ザ・ウォード 監禁病棟」

オデット・ユーストマンさんは「アンボーン」

で主演された女優さんです。

2人とも超美人なので

こんな美女2人が旅をしていたら絶対狙われますよ。


この作品は過激なシーンが無いのですが

登場人物が何かありそうで怖い所が良かったです。

緊張感があって最後まで面白かったです。



あらすじ】


アルゼンチンでは女性が行方不明になる事件が頻発していました。

何も知らずにサイクリング旅行を楽しんでいた

ステファニーとエリーは、

小さな田舎町のホテルに宿泊し

翌朝のバスに乗りアメリカに帰国する予定でした。

しかし、エリーがBARで知り合った男性と飲んで

トラブルを起こし、その振動で目覚まし時計の電源が抜け

寝過してしまいバスに乗り遅れてしまいました。

2人は仕方なく河原で日焼けを楽しむ事に。

エリーが二日酔いでなかなか起きない事に腹を立てた

ステファニーはエリーと分かれ1人で観光に出掛ける事にしました。

その間にエリーは昨夜トラブルを起こした男に捕まり

拉致されてしまうのでした・・。

イン・ザ


オススメ度】 










スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tink0917.blog.fc2.com/tb.php/225-b6279e1d