ザ・マッドネス 狂乱の森 (2010年)

ザ・マッドネス
【制作国】イスラエル
【収録時開】94分
【監督】ナヴォット・パプシャド
    アハロン・ケシャレス
【制作】ヒリック・ミハエリ、アヴラハム・ピルヒ
    タミ・レオン、ユリア・シフタテル
【音楽】フランク・イエフマン
【出演】ヘンリー・デヴィッド
    リアット・ハルレヴ
    ユリア・シフタテル




観想】


タイトルとDVDのジャケットを見た私のイメージでは

「クライモリ」のようなキ●ガイ一家が森に棲んでいて

若者たちが餌食になる話かと思っていました。


この作品はそういう感じの話ではなくて

森に入り込んだ人々が何らかの出来事に巻き込まれてしまい

人生を狂わされてしまう話です。


登場人物は4つのグループに分かれていますが

バラバラな話だと思って観ていると意外な部分で繋がったりします。

先の読めない展開が良かったです。

イスラエルの作品は初めて観ましたけど、

イタリアかフランス作品の雰囲気に近いなと思いました。

結構面白かったのでオススメです!





あらすじ】


4人の男女はテニスの試合に出る為、車で向かっていると

道を間違えて山の中に入ってしまいました。


話をしながら走っていると、突然車の前に男性(オフェル)が飛び出して来て

怪我をさせてしまいました。

その男性は森の中で穴に落ちた妹(タリ)の救助を呼びに来たのだと言います。

ザ・マッドネス 男をはねる

マイクとピニはオフェルと一緒に落下した穴に向かう事になりました。


その頃、タリは殺人鬼に穴から引き上げられ

隙を見て森の中を逃げていました。

ザ・マッドネス 追っ手から逃げる


車で待機する事になったシールとアーディは携帯電話で警察に通報

暫くすると2人の警官がパトカーでやって来るのですが・・。

ザ・マッドネス 警官


内容はこの辺で。

この他にも犬を連れた評価員の男性が登場します。

彼らが森の中で複雑に絡んで、

最後には血みどろな展開になって行きます。

ザ・マッドネス ラスト


オススメ度】 


スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tink0917.blog.fc2.com/tb.php/220-932b4b32