サスペリア・ナイトメア (1993年)

サスペリア・ナイトメア
【原題】DARK WATERS
【制作国】イタリア
【収録時間】94分
【監督・脚本】マリアノ・バイノ「HIDDENヒドゥン(10)原案」
【脚本】アンディ・バーク
【音楽】イゴール・クラーク
【出演】ルイーズ・ソルター(エリザベス)
    ヴァネラ・シモンズ(サラ)
    アンナ・ローズ・フィップス(テレサ)



観想】


友人の手紙を読んで修道院を訪れた女性が

自分の出生の秘密を知ってしまう言う話です。

タイトルが怪しかったので、あまり期待してなかったけれど

予想を上回る面白い作品でした。


どこが良かったかと言うと・・・


陰気臭い雰囲気が恐ろしげで素敵

脇役が不気味すぎる!

特に目玉の白い老婆がヤバイです。

パイプオルガン?のゴシック系音楽が良かった。

島から船がないと逃げられないと言う設定や

十字架を燃やしながら行進している尼僧

鞭を叩いて修行している等、

内容は説明不足でよく分からない感じでしたが

こういう作品、私は好きです




あらすじ】


修道院で暮らす少女が地獄の紋章を奪い

尼僧に手渡しに行きました。

教会では大量の水が流れ込み神父は死亡、

教会は水で破壊されてしまいました。

紋章は悪魔を復活させる為に必要な物でした。

紋章を持って逃げた尼僧は岩場から転落し死亡

紋章はバラバラに割れてしまいました。

サ 崖から転落

割れた紋章は集められて箱に入れて修道院の地下に置かれました。

サ 箱に入れる




事件から20年後・・・


友人のテレサから「早く来てほしい」と言う手紙を読んだエリザベスは

彼女が行っている修道院に向かうことに。

サ 手紙

バスを降りると嵐になっていました。

サ 船着き場1

「船を出して欲しい」とお願いに行くと

「嵐だから無理だ、来週ならタダで乗せてやる」と言われてしまいました。

どうしても今夜中に行きたいと思い困っていると

外に居た船乗りが船を出してやると言ってくれました。

サ 船着き場

船の中には魔除けとしてもう一人

生魚を食べる気味の悪い男が乗っていました。

サ 魔よけの男

修道院に無事に到着し、部屋に通されると院長に呼ばれました。

院長の目は真っ白で尼僧が間に入らないと言葉を聞き取れませんでした。

サ 院長

私(エリザベス)の父はこの修道院に20年間献金しており、

亡くなった後、代わりに献金して欲しいと遺言状に

書かれていたと話しました。

院長は「私たちの務めの意図はいつか分かる筈です

それまでは図書館を提供し儀式を公開します」と言います。



再び部屋に戻ると規則だからと言って私物を没収されてしまいました。

尼僧のサラから「お友達はロンドンで仕事があると2日前に発った」と

聞かされました。

サ 私物没収

その日の深夜・・・

尼僧たちは火のついた十字架を持って外に出て行くのが見えました。

サ 深夜の行進


図書室で本を読んでいると暖炉の奥の壁から明かりが見えました。

サ 図書室


覗いてみるとシーツに包んだ遺体を運んでいました。

サ 遺体


追って行くと吊り橋があり壁画が描かれていました。

よく見ると殺された友人の絵でした。

サ 壁画


橋の隙間から落下してしまったエリザベスは

壁画を描いている盲目の画家に見つかってしまいました。

サ 盲目の画家


サラが助けてくれ「友人が尼僧たちに殺された」と

話すのですが・・。

サ サラに助けられる




オススメ度】 





スポンサーサイト

サスペリア・ナイトメア

tinkさん、こんにちわ。
このサスペリア・ナイトメアは確かに雰囲気は良いですよね。
予告動画を観ても修道院の秘密が何か隠されているような、儀式が行われて
いるような、宗教独特の怪しい雰囲気が面白そうです。
DVDは出てないんでしょうかね?
是非、見てみたい作品でございます♪
[ 2012/05/02 07:57 ] [ 編集 ]

Re: サスペリア・ナイトメア

tamatoshi23さん、今晩は!

最初の方の船着き場のシーンはサスペリアのオープニングと

似ている雰囲気で良かったですよ。

不気味な人々&よく分からない宗教

ホラー映画ファンなら最高ですね。

DVD化されたら是非観てくださいね。

[ 2012/05/02 22:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tink0917.blog.fc2.com/tb.php/212-2a5ecaa8