上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

デビルズ・スクリーム 金髪女子高生の悲劇 (2010年)

デビルズ・スクリーム

【原題】THE DEVIL WITHIN
【制作国】アメリカ
【収録時間】78分
【監督】トム・ハーディ
【脚本】マット・ディーン
【出演】エリザベス・ディ・プリンツィオ(シリーナ)
    セイラ・ハリソン(ダグ)
    ビル・オバースト・Jr(エドワース校長)
    グレイ・デイモン(ジョン)




あらすじ&観想】


邦題では「金髪女子高生」というタイトルですが

主人公の女子高生(シリーナ)は赤茶色みたいな髪の色でした。

インド人系なのかな?かなりの美少女です。

その美少女が色々な人たちに愛され、妬まれながら

18歳のバースディ・パーティを行ない、

そこで殺人事件が発生する話
です。



登場人物をチラッと紹介すると・・


 シリーナの美貌にメロメロになってしまった校長先生

 誕生日祝いに高価なアクセサリーをプレゼントしようとするのですが・・

デ 校長


 レズビアンのダグ 

 誕生日に手紙を渡し、気持ちを伝えようとするのですが・・

デ ダグ


 シリーナの恋人ジョニー

デ シリーナとジョニー


 クラスメイトのカレン

デ カレン


登場人物は多いけれど、殺される人数が少なく

過激さはイマイチでした。

しかし、登場人物がクセのある人たちばかりなので

観ていて、それ程つまらなくはありませんでした。


この作品、一応オカルト系と言う事なのかな?

原題もオカルトっぽいですが・・。

ラストはこれで終わって良いの?と言う感じで

中途半端に思えました。

犯人が悪魔に取り憑かれていると言う事であれば

何かしらそういうシーンがあった方が良かったのでは?

ホラーと言うより普通のサスペンス物と言う感じでした。



オススメ度】 








スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tink0917.blog.fc2.com/tb.php/157-9041b6bf