上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マインド・キラー/悪夢の第二生命体 (1987年)

マインドキラー
【原題】MIND KILLER
【制作国】アメリカ
【収録時間】86分
【監督・原案・脚本】マイケル・クルーガー
【原案】ダグ・オルソン
【音楽】ジェフリー・ウッド
【出演】ジョー・マクドナルド(ウォーレン)
    シャリー・ロス(サンディ)
    クリストファー・ウォード(ラリー)



観想】


主人公の男性(ウォーレン)は特にブ男という訳ではないのに

女性に積極的に声を掛けても振られてしまいます。

モテるための勉強をしているのですが全く効果がなく

ルームメイトでモテ男のブラッドに嫉妬。

そんな中、読むだけで効果絶大の不思議な論文を偶然発見し

以前とは別人のような性格に変化してゆきます。

念力も使えるようになりますが、

地味な使い方だったので派手なシーンがあった方が

もっと面白くなったかな。

好きな女性を操り、強引に彼女にしてしまうアイデアは

面白いなと思いました。

最後の方は脳味噌がとんでもない事になり

笑ってしまいました。

それ程、グロいシーンが無かったのが残念でしたが

ドラマの部分が楽しめました。


※ 日本ではDVD化されていません




あらすじ】


図書館で公文書の保管の仕事をしているウォーレンは

同じくモテない同僚のラリーを誘い、

クラブにナンパをしに行きましたが誰にも相手にされませんでした。

ルーム・メイトのブラッドはモテモテで

美女と部屋に帰って行きました。

マ クラブで


ある日、職場で新しい顧問のサンディが入って来ました。

ウォーレンは美しいサンディに一目惚れ

マ サンディ登場


ブラッドにどうしたら彼女と仲良くなれるのか?相談すると

「相手の趣味を合わせたらどうだ?」とアドバイスしてもらいました。

マ ブラッドのアドバイス


サンディが映画が好きだと言うので「一緒にどうですか?」と

誘ってみたところ、

「同僚とはデートしない主義なの」と言われショック!

マ 同僚とデートしない


仕事で書類を棚に戻していると、

「精神を操る」という論文を発見しました。

マ 論文発見


徹夜で読んだのに疲れず、別人になったような気分になりました。

その論文の著者シャンドラ博士は自分が創った生物に襲われ殺されたのだと

ラリーが教えてくれました。

マ 博士の話


論文を読んだウォーレンは、他人をコントロール出来る能力が身に着き

クラブで初めてナンパに成功しました。

マ ナンパに成功


数日後、ウォーレンはクラブで女性の同僚と遊びに来ていた

サンディに声を掛けに行き、

彼女からキスを迫るようコントロールに成功しました。

マ サンディとキス

サンディはウォーレンの事が怖くなり

ルーム・メイトのブラッドに相談に行きました。

マ 相談


ウォーレンは不思議な能力を使う事で髪の毛が抜けて行きました。

論文に書かれている最終段階に挑戦するのですが・・。

マ 負の電荷


この後、ウォーレンはとんでもない事に!

マ 化け物に変化


オススメ度】 






スポンサーサイト

脳味噌?

ジャケットのクリーチャー、いいですね~!
ストーリーも面白そうです。
脳味噌、どうなるのでしょう?気になります!
[ 2012/02/22 12:35 ] [ 編集 ]

Re: 脳味噌?

Superfuzz Bigmuffさんへ★

このジャケットは輸入版のです。

今の作品と比べるとかなりショボイですが、

昔の作品は面白いです。

この後、このジャケットの怪物が登場しますよ。
[ 2012/02/22 23:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tink0917.blog.fc2.com/tb.php/155-6768d1cf