ダーク・フェアリー (2010年)


ダーク・フェアリー
【原題】Don't be Afraid of the Dark
【制作国】アメリカ・オーストラリア・メキシコ
【収録時間】100分
【監督】トロイ・ニクシー
【制作】ギレルモ・デル・トロ、マーク・ジョンソン
【原案】ナイジェル・マッキーンド「地下室の魔物」
【脚本】ギレルモ・デル・トロ、マシュー・ロビンス
【撮影】オリヴァー・ステイプルトン
【音楽】マルコ・ベルトラミ、バック・サンダース
【出演】ケイティ・ホームズ(キム)
    ガイ・ピアース(アレックス)
    ベイリー・マディソン(サリー)
    ジャック・トンプソン(ハリス)


観想】


1973年のTVM「地下室の魔物」のリメイクです。

オリジナルは未見ですが新妻が主人公だそうです。

このリメイクでは両親の離婚で心を閉ざした少女が主人公です。

私のイメージでは地下に棲む魔物は1体だけかと思っていましたが

数十匹の小人が出て来ます。

小人と言うと可愛いイメージがありますけど、

この作品に出てくる小人は遠目ではドブネズミに見え

近くで見ると、せむしのガイコツ人間で背中に毛が生えています。(゚Д゚||)

言葉を喋り、凶器を使うので知能は高いです。

小人の好きな物は子供の歯と骨です。

ダーク・ファンタジーだと聞いていたのですが、

オープニングとラストは結構凄かったですよ。(;^_^A アセアセ・・・


気味の悪い小人たちが閉ざされた暖炉から

「一緒に遊ぼう、友達になろう」と

少女に話しかけて来ます。

私は直接小人に襲われるシーンよりも

暖炉を開ける迄の方が恐ろしいなと感じました。


今回の作品はギレルモ・デル・トロさんの他の作品と比べると

ドラマの部分は薄く感じられました。

でも話のテンポが良いので楽しめました。



あらすじ】


両親が離婚後、母親と暮らしていたサリーは精神的に不安定になり

建築家の父に引き取られる事に。

父は行方不明になっている動物画家ブラックウッド邸の

修復作業を行い、高値で売りに出そうとしていました。

ダ 屋敷


修理が終わるまで、この家で暮らすのだと言います。

父には助手で同棲中の恋人キムがいました。

キムはサリーと仲良くしたいと願っていましたが

サリーは心を閉ざしたままでした。

ダ 食事

ある日、サリーが裏庭を散歩中に地下室の窓を発見!

ダ 裏庭

屋敷の玄関ホールには隠された地下室が存在していたのです。

地下室の中に入ると、そこはブラックウッドのアトリエでした。

閉ざされた暖炉の中から声を聞いたサリーは

ネジを外してしまうのでした・・。

ダ 発見


オススメ度】 



















スポンサーサイト

デル・トロ

脚本ギレルモ・デル・トロなんですよね。
まだ観ていないのですが、「パンズ・ラビリンス」に通じるダークな世界を期待しています。
楽しみな作品です。
[ 2012/01/30 15:36 ] [ 編集 ]

Re: デル・トロ

Superfuzz Bigmuffさん、今晩は!

この作品はファンタジーと言うかモンスターパニック物と言う感じでしたよ。

結構ホラーっぽくて楽しめました。
[ 2012/01/30 22:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tink0917.blog.fc2.com/tb.php/142-5f91a13a