FEAR ITSELF: 交霊 / メモリー (2008年)


交霊メモリー


観想】

 ※ 今回でこのシリーズのレビューは終了となります。

「クライモリ(03)」のロブ・シュミット監督作「交霊」

自殺に見せかけて殺された女子大生が交霊をして遊んでいた同級生の前に現れ

真犯人をつきとめるサスペンスです。

似たような設定の作品は他にもいくつか作られています。

有名な作品では「シックスセンス」とか。

先の展開が大体予想出来てしまうのが残念でした。(;^_^A アセアセ・・・

幽霊モノはやはり日本の作品の方が怖いですね。


「ステグマータ/聖痕(99)」のルパート・ウェインライト監督作「メモリー」

何かに引き寄せられるように前世で暮らしていた家に引っ越して来る話です。

最初は穏やかな感じの男性が徐々に暴力的な感じに変化してゆく所が

何となく「シャイニング」を彷彿させます。

アイデアは面白いと思うのですが、もっとスリル感が欲しかったです。

こちらもラストの展開が大体予想出来るので、まあまあの面白さでした。



あらすじ】 


 交霊
監督:ロブ・シュミット
脚本:ジョー・ガンゲミ


ハロウィン当日、シェルビーは友人のベッカとスピリットBOXを作り

交霊をして遊ぶ事になりました。

フィ 交霊遊び

開始して間もなく、動き初めたので霊の名前を聞いてみる事に。

すると、その霊は川で車ごと突っ込み自殺したクラスメイトのエミリーでした。

死んだ理由を問うと「殺人」と言う文字を差しました。

怖くなった2人はゲームを早々と切り上げましたが、

エミリーの霊は2人の周りに現れ、

フィ プールに霊

2人は真犯人を探るのですが・・。



 メモリー
監督:ルパート・ウェインライト
脚本:ショーン・フッド「ハロウィン・レザレクション(02)脚本」


大学生のスティーヴンは沢山の物件の中から

1軒の古い邸宅を選び、引っ越す事になりました。

フィ 新しい家

友人のカレンから「何故、こんな大きな家を借りようと思ったの?」と聞かれ

「昔、この家に住んでいた気がする」と答えました。

手伝いに来てくれたカレンとは何故か?恋人になりたいとは思えませんでした。

この家に住み始めたスティーヴは昔、この家で暮らしていた自分の前世の姿が

フラッシュバックして見えるようになり、

フィ 昔の住人


この家で起こった事件の記憶が徐々によみがえるのでした・・。



 オススメ度】  



スポンサーサイト

NoTitle

外国では交霊会や悪魔崇拝が行われていますよね。
でも、映画にはその怪しさが雰囲気を盛り上げてくれるので大好きです。シックスセンスのように、霊が見えちゃう男の子に殺人犯を見つけさせる謎解きみたいな作品なのでしょうね。
先の展開が予想出来ても、このシリーズがレンタルされていたら是非見てみたいと思いますよ~♪
[ 2011/12/07 07:10 ] [ 編集 ]

tamatoshi23 さんへ★

日本ではコックリさんとかありますよね、ああいうのは低級霊が来るみたいなので
遊びでやるのは危険ですね。
私的にはサスペンスではなくて心霊に力を入れて欲しかったです。
[ 2011/12/10 23:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tink0917.blog.fc2.com/tb.php/120-1d0e40ad