上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スクリーマーズ (1996年)


スクリーマーズ
【原題】SCREAMERS
【制作国】アメリカ・カナダ・日本
【収録時間】108分
【監督】クリスチャン・デュゲイ
【制作】トム・ベリー、フランコ・バティスタ
【原作】フィリップ・K・ディック「変種第二号(人間狩り)」
【脚本】ダン・オバノン、ミゲル・テハダ=フロレス
【撮影】ロドニー・ギボンズ
【音楽】ノーマンド・コーベイル
【出演】ピーター・ウェラー(ジョン・ヘンドリクソン) 
    ロイ・デュプイ(ベッカー)
    ジェニファー・ルービン(ジェシカ)


観想】


SFホラーではボディ・スナッチャー物が結構多いですが

この作品は人間になりすましたロボットが出てくる話です。

元々は連合軍が作り出した球状の殺戮マシーンだったのですが、

マシーンそのものが独自に進化を遂げ、人間たちに逆襲を始めます。

どの人がロボットなのか?見た目では分からない所が怖かったです。


 特に不気味な子供ロボットが。(((( ;゚д゚)))ガクガク

ス ラスト

最初から最後まで一切ダレる展開は無く、最後までハラハラして楽しめました。

未見の方、DVD化されているのでオススメですよ。



あらすじ】


西暦2078年 惑星シリウスでは代替エネルギーのベリニウムの採鉱を

新経済統合社(NEB)によって50年間行なっていました。

ある日、採鉱の際に致死量の放射能が発生!

鉱山労働者と科学者の連合は採鉱の即時停止を求めましたが、

NEBは武力で挑み、両者で激しい攻防戦が行われました。

NEBが核攻撃をした事で民間人は激減、放射能により数千人が死亡。


連合軍は少人数になりながらも基地を守って暮らしていました。

ある日、1人のNEB兵が筒状の物を持って現れ、

ス 兵士現る

連合軍が開発した殺戮マシーンの「スクリーマー」によって殺されてしまいました。


 スクリーマーは敵の脈拍を感知し生き物のように地中から襲います。
   敵の体をバラバラに切断し、地中に引きずり込みメタンガスをエネルギーにするのです。

ス 惨殺された兵士

チャックが殺された兵士が持って来た筒状の物を回収し、

本部で中身を確認すると、NEBから「直ちに和平交渉をしたい」と言うメッセージと

NEB本部の内部地図が入っていました。

ス 筒を回収

モノグラム映像で現れたグリーン長官からも

「戦争が終結したので2名に和平交渉に行くように」と命令されました。

ス 長官のモノグラム


連合軍本部のすぐ近くに小型の原子炉を積んだ民間の宇宙船が墜落する事故が発生!

ス 墜落した宇宙船

宇宙船には38名の兵士が乗船、生存者は上等兵のジェニファーソンただ1人だけでした。

彼に話を聞いてみると、4000名の兵士たちで新たにベリニウムが発見されたトライトン星に行き

NEBを爆撃する予定だったと言います。

ス ネブに攻撃

ジェニファーソンによると、先ほどモノグラムで現れたグリーン長官は

2年前に連合総司令部に逮捕されて処刑されたと言うのです!

ス 衝撃の真実1

ジョーとチャックは衝撃の事実を知り困惑しました。

そして事実を確かめるため、司令官のジョーとジェニファーソンの2人で

NEBの司令部に向かうのですが・・。

ス 旅立ち


オススメ度】 











スポンサーサイト

面白そうですね!

おはようございます。
ゾンビ映画も楽しいですが、こんなSF映画も面白そうですね♪
エイリアンでは無くても、殺戮マシーンが独自に進化して人間
を襲ってくるのも怖いです。
幽霊や悪魔がが現れるような怖さでは無いので、、ハラハラドキドキ感を楽しみたいですね
[ 2011/11/28 07:05 ] [ 編集 ]

tamatoshi23さんへ★

tamatoshi23さん、今晩は!
SFホラーと言うと寄生される展開が多いですけど、
この作品は違うので楽しめました。
人形が怖いtamatoshi23さんなら、多分この作品は怖く感じると思いますよ。
[ 2011/11/28 21:05 ] [ 編集 ]

これは面白かったですね。ロボコップのお兄さん渋いです。

地中タイプや子供タイプなどスクリーマーのバリエーションも豊富でB級SFの傑作でした。
[ 2011/11/29 21:13 ] [ 編集 ]

ジョージさんへ★

この作品、観られましたか!

隠れたB級傑作でしたね、あの子供は不気味でした!

下手なホラー映画よりも恐ろしいと思いましたよ。(笑)
[ 2011/11/29 23:08 ] [ 編集 ]

ダン・オバノン!

当時、原作フィリップ・K・ディック、脚本ダン・オバノンなので、結構期待して観た記憶があるのですが、あまり印象に残ってません・・・。
多分期待し過ぎたのでしょうか。
でもなかなか雰囲気のある作品でしたので、改めて観直したら評価も変わってきそうな気がします。
子供のロボットは気味悪いですよね。
なんだか楳図かずおの漫画に出てきそうです。
[ 2011/12/05 13:08 ] [ 編集 ]

Re: ダン・オバノン!

Superfuzz Bigmuff さんへ★
DVD化されているので再見してみるのも良いかも知れませんね。
あの子供ロボは「サスペリア2」の人形と共にトラウマになりそうな感じです。(笑)
[ 2011/12/06 22:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tink0917.blog.fc2.com/tb.php/116-07e076fc