上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

世界侵略:ロサンゼルス決戦 (2011年)






世界侵略チラシ
【原題】BATTLE:LOS ANGELES
【製作国】アメリカ
【収録時間】116分
【監督】ジョナサン・リーベスマン「テキサス・チェーンソー・ビギニング(06)監督」
【製作】ニール・H・モリッツ「ワイルド・スピード(01)製作」
    オリ・マーマー
【脚本】クリストファー・バートリニー
【視覚効果監修】エヴァレット・バーレル
【音楽】ブライアン・タイラー「エクスペンダブルズ(10)音楽」
【出演】アーロン・エッカート(マイケル・ナンツ曹長)
    ミシェル・ロドリゲス(エレナ・サントス曹長)
    ラモン・ロドリゲス(ウィリアム・マルティネス少尉)
    Ne-Yo(ケビン・ハリス伍長)


観想】



この作品は東日本大震災の影響で公開が延期になっていましたが、

やっと観れて良かったです

全体の90%くらいが戦闘シーンでした。

話は謎の物体が空から降って来る24時間前から始まります。

オープニングで兵士たちの日常生活がチラッと軽めに流れましたが、

軍服を着ると誰がどうだったのか?サッパリ分からなくなってしまいました。

中盤以降になると仲間の兵士が少なくなってきて、

それぞれがどういう人間なのかが明らかになり、

ようやく人間ドラマらしい展開になってきました。

最後の方は仲間意識が素晴らしいなと感動しました。


私は宇宙人肯定派なので、いつか本当にこんな日が来るのではないかと

内心楽しみにしています。(← 私って変?)

この映画に登場する宇宙人は遠目で見ると巨大ロボットみたいです。

でも近くで見るとタコに近いかな。

遠隔操作の無人UFOも襲って来るので、戦いに苦戦します。

映像に臨場感があるので、

自分もその場所にいて、一緒に逃げているような気がしました

なので観終えた後はドッと疲れました。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

話は途中で終わってしまう感じでした。

「あんたたち、もっと休んで行ったら?」とツッコミたくなりました。



戦闘シーンは大迫力で素晴らしかったけれど、

ドラマ的な面白さがイマイチと言う感じですね。




あらすじ】


ある日の事・・。

大量の流星群と思われる物体が地球に接近している事が分かりました。

謎の物体は各国の主要都市の近くの海に落下。

世界 隕石

落下した物体の中からエイリアンが現れ攻撃を開始!

ビーチにいた人々は次々と砲弾に倒れました。

ロサンゼルスも瞬く間に壊滅状態に!

世界 焼け野原


そんな中、子供3人を含む5人が逃げ遅れ、

警察署に取り残されているとの情報が入りました。

海兵隊2-5小隊の10人が救出に向かうのですが・・。

世界 一般市民


オススメ度】 

スポンサーサイト

おつかれでした〜

私もグッタリ疲れましたよ。
海兵隊員からの視線だけに絞った潔さはよかったですね!
宇宙人が「強すぎない」のがまたイイ!
「あれ? コレ、勝てんじゃね?!」的なイケイケ感が心地いい!
[ 2011/10/03 09:04 ] [ 編集 ]

SF版ブラックホーク・ダウン?

戦闘シーンは迫力がありましたね。
でもこれ、敵がエイリアンではなく、他の国からの侵略みたいな設定にした方が面白かったかも。
エイリアンが十分に描かれていないし、第一弱過ぎです。
ちょっと物足らなかったです。
[ 2011/10/05 16:11 ] [ 編集 ]

Re: おつかれでした〜

今晩は!返信が遅くなりスミマセンでした。

やはり疲れましたか・・。

何か自分も一緒に戦っているような感覚になりますよね。

まさかの逆転劇でした。
[ 2011/10/30 22:33 ] [ 編集 ]

Re: SF版ブラックホーク・ダウン?

Superfuzz Bigmuff さん、返信が遅くなりスミマセンでした。
エイリアンは遠くから攻撃してくるので確かによく分からなかったですね。
個人的には未知との遭遇に出てくるような人間型のエイリアンの方が良かったです。
[ 2011/10/31 17:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tink0917.blog.fc2.com/tb.php/103-876ff507