上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

センソリア/死霊の館 (2015年)

センソリア
【原題】SENSORIA
【制作国】スウェーデン
【収録時間】81分
【監督・制作・脚本】クリスチャン・ホールマン
【原案・脚本】モンス・F・G・トゥンベリ
【出演】ラナ・オールソン(キャロライン)
     アリダ・モルベリ(エマ)
     ボーエル・ラーション(エルザ)
     ラファエル・ペッタソン(ヨハン)


内容


30代後半の女性(キャロライン)は子供を亡くした後、

夫に捨てられ、1人で古いアパートに引っ越す事になりました。

その部屋は80年代にある事件が起きた部屋で

次々と奇怪な現象が発生!

アパートに住んでいる住人も不気味な人たちばかりでした。

そんなある日、部屋にミーと名乗る少女が遊びに来るのですが・・。


感想


DVDのジャケットには「全世界絶望の恐怖」と書かれていましたが、

大して怖いとは思えませんでした。(;^_^A アセアセ・・・

主人公の女性もジャケットに描かれた美女ではなく

生活に疲れた感じのオバサンでした。(私には40代後半に見える)

ポルターガイスト現象や幽霊が背後にチラチラ映り込むような

ジワジワした恐怖演出は怖いなと思えましたが、

最終的になぜイマイチ怖く感じなかったかと言うと、

「恐怖の根源の弱さ」だと思います。

映画「死霊館」のような強力な悪魔が現れないので

話が盛り上がりに欠けるように感じました。

死霊の話なら、霊能者を呼んで除霊してもらうような

シーンがあった方が楽しめたかも知れません。


オススメ度】 








スポンサーサイト
[ 2016/10/30 22:12 ] † ホラー映画 【2015年】 | TB(-) | CM(0)