上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最強ゾンビ・ハンター (2013年)

最強ゾンビ・ハンター
【監督・制作・脚本】ケヴィン・キング
【制作】クリス・リー
    ジェニファー・グリフィン
【脚本】カート・ナイト
【音楽】クリスチャン・デイヴィス
【出演】マーティン・コッピング(ハンター)
    ダニー・トレホ(イエズス神父)
    クレア・ニーダープルーム(アリソン)
    ジェイド・レギアー(デビー)
    ジェイソン・ウィクソム(リッキー)
    ジェイク・スアソ(ライル)
    テリー・ガスリー(ジェリー)


感想


私の予想ではゾンビハンターと呼ばれるグループがあって

ゾンビ狩りをする内容だと思っていましたが違いました。

DVDのジャケットのイメージでは

ダニー・トレホさんが主演のように思えますが実際には脇役と言う感じで

「イーター」と呼ばれるゾンビと戦うシーンも予想より少なかったです。(o´_`o)

自称「ハンター」と言う男が主演でイーターと間違えられて銃で撃たれた事から

6人の生存者と合流する事になります。

中盤は眠くなる展開になり、

ピエロのようなデブ男がチェーンソーを持って追いかけて来る

辺りから再び目が覚めた感じでした。(;^_^A アセアセ・・・

この作品のゾンビの特徴は・・

メイクに凝っていて顔が怖いです!

人肉を喰う人間を「イーター」と呼びますが、

汚染された肉を食べて狂った人間の事を「ザーニー」と呼びます。

2つは見分けが付きませんでした。(;^_^A アセアセ・・・

CGの筋肉質の怪物ゾンビも登場します(鋭い爪が凶器です)

ゾンビたちには知能がありませんが

建物の内部に静かに隠れていて

人間が近づくのを待ち襲いかかって来ます。

集団で襲って来る事が多く、動きは遅いです。

殺すとピンク色の液体が出て来ます。

この作品はR18ですが、思ったよりも普通な感じでした。

三角関係の恋愛シーンを無くせばもっと面白くなったかも?

ダニー・トレホさんにもっと活躍して欲しかったです。

酷いゾンビ映画よりは全然まともな作品ですが

期待していたよりも正直イマイチでした。

内容


ピンク色の液体で新型合成薬物ネイタスを使用した人々が

副作用から人肉を食べるようになってしまい

「イーター」と呼ばれていました。

イーターは世界中に広まり、

自称「ハンター」の妻と子供も餌食になってしまいました。

ハンターは愛車の黒いカマロで旅を続け

憎きイーターを車で撥ねて殺害していました。

どこからか銃弾が飛んで来てハンターの肩に直撃!

猛スピードで走っていた車が大破。

気を失ったハンターは生存者の男女6人が

暮らす場所に連れて行かれるのでした・・。


オススメ度】 







スポンサーサイト
[ 2014/08/31 22:40 ] § ゾンビ映画 | TB(-) | CM(0)