上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レコード~シッチェス別荘殺人事件~ (2010年)

レコード
【原題】Atrocious
【制作国】スペイン
【収録時間】75分
【監督】フェルナンド・バレダ・ルナ
【撮影】フェラン・カステラ
【出演】クリスチャン・バレンシア(クリスチャン)
    クララ・モラレダ(ジュリー)
    チュウス・ペレイロ(母デボラ)


観想】


怖そうなジャケットだったので期待して鑑賞。

私は「シッチェス別荘殺人事件」と言うタイトルを知らず、

てっきり心霊モノかと勘違いしていました。(;^_^A アセアセ・・・

何故かと言うと、この別荘にやって来た兄弟の目的が

迷路で行方不明になった少女の霊の調査を行うからです。

POVなので怖さが伝わってきて良かったのですが、

面白いのがラスト10分くらいで

どうでも良いような話がダラダラと続き

観ていて疲れました。(o´_`o)

最後の方には迷路を逃げるシーンがあり

同じような草むらを延々と走り、画面がブレるので

映像酔いする人はキツイかも知れません、

ラストでは殺人犯が判明します。

意外な展開でしたよ。

死体は映るけど殺人シーンが無いので過激さは控え目です。

殺人事件モノでPOVというアイデアは良いと思いました。



あらすじ】


キンタニーリャ家では復活祭の週に

10年間放置されていたシッチェスの別荘で

過ごす事になりました。

シッチェスにあるガラフの森では1940年に

メリンダと言う少女が迷子になり行方不明になっていました。

少女の霊が森に現れ道を示すという噂があり

都市伝説の調査を趣味にしている

兄のクリスチャンと妹のジュリーは

友人のダビドにビデオカメラを借り

別荘の裏庭にある

手入れがされていないボサボサの迷路に入って

調査をしてみる事に。

レ 迷路入口


しかし、手掛かりは何も得られませんでした。

その日の深夜・・。

飼い犬のロビンが迷路の門の前で吠えているのが

ビデオに録画されていました。

レ 犬


その翌朝、犬のロビンの行方が分からなくなってしまい

2人は再び迷路へ。

迷いながら進んで行くと犬の首輪と血の痕を発見!

血の痕は井戸まで続いていました。

覗いて見ると井戸の中に犬の死体が!

2人はその事を弟のホセには秘密にする事にしました。

ところが、その日の深夜に

ホセも行方不明になってしまうのでした・・。



オススメ度】 







スポンサーサイト