上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

壁の中に誰かがいる (1991年)






Poisonous Flower

















【監督・脚本】ウェス・クレイヴン

【製作】マイアンヌ・マダレーナ、スチュワート・W・ベッサー

【撮影】サンディ・シセル

【音楽】ドン・ピーク

【出演】ブランドン・アダムス(フール)

    エヴェレット・マッギル(大家の男)

    ウェンディ・ロビー(大家の女)

    A・J・ランガー(アリス)

    



叫び観想】 


ウェス・クレイブン監督作品の中で私的に一番好きな作品です音譜


久しぶりに観ましたが、話に引き込まれますね。


展開が分かっていても、最後までハラハラしながら観れます。


母親が病気で家賃を滞納し、大家からアパートの立ち退きを迫られた


一家の長男(13歳)が姉の友人と共に大家の家にある金貨を盗みに入る話です。 


大家は情け知らずで変わり者として有名でした。


この作品のテーマは金貨を盗むと言うよりも監禁の話だと思います。


子供を連れ去って監禁し、反抗をすると悪い部分を切られて


ブタ小屋のような檻がある地下室に入れられるのです。


人間を人形扱いしているような感じですね。


実際にも酷い監禁&虐待事件が発生していますが、腹立たしいです。(`Δ´)


この話の舞台の家は忍者屋敷のように変わっています。



壁の後ろに子供が通れるくらいの通路があるのです。


外国の家は、そういう作りなのでしょうか?


憎たらしい黒い犬が出て来るのが面白かったです。


ラストは爽快です!反撃シーンがスカッとしますよ。


とても面白い作品なのでオススメです。




ドクロあらすじ】



フールの母は癌に侵されていましたが、病院に入院させるお金が無く自宅で静養していました。


家賃を滞納し大家から立ち退きを迫られ困っていると、



Poisonous Flower









姉の男友達のリロイ「金を稼ぐ方法がある」と言います。


アパートの大家の家にある金貨を盗もうと言うのです。


リロイとスペンサーの3人で盗みに行く事になりました。


Poisonous Flower










大家の家の窓には金網と南京錠が掛っており、中に侵入するのは困難でした。


スペンサーがガスの点検業者と偽り、家の中に入る事に成功!


暫くすると、大家が車で外出したのが見えました。


スペンサーが戻って来ないので、フールたちはスペンサーと金貨を探しに家の中に侵入する事に。


地下室に降りたフールはスペンサーの死体を発見!手には一枚の金貨が握られていました。


地下室から出ると大家が帰宅したのが見え、フールは急いでリロイに知らせに行くのですが・・。



Poisonous Flower










内容はこの辺で。


彼らは一体どうなってしまうのでしょうか?



この家には、監禁して育てているアリスという少女と、


壁の中で逃げ回って棲みついている少年がいます。


Poisonous Flower










目オススメ度】 ドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキ



スポンサーサイト