上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

吸精鬼 (1983年)







Poisonous Flower

【原題】ONE DARK NIGHT

【製作国】アメリカ

【収録時間】94分

【監督・脚本】トム・マクローリン

【製作】マイケル・シュローダー

【音楽】ボブ・サマーズ

【出演】メグ・ティリー(ジュリー)

    ロビン・エヴァンス(キャロル)

    レスリー・スパイツ(キティ)

    メリッサ・ニューマン(オリビア)





叫び観想】


生物エネルギーの研究を行っていた超能力者が亡くなり

その遺体を安置所に保管していたところ突然復活!

死体を次々と甦らせてしまい、

度胸試しにやって来た女子学生が襲われてしまう話です。


一応ゾンビ映画ですけど、この作品は変わっていて

出て来る死体が全部人形でした。(;`∀´)

なので人肉を食べられるようなシーンはありません。

だけど、死体安置所で死体人形に襲われるのは結構不気味でしたよ!


ゾンビ映画としてはイマイチでしたが、

思ったよりも面白い作品でした。




ドクロあらすじ】



 あるアパートの一室で6人の女性と70代の男性が変死体で発見されました。

 部屋の中は食器や椅子が壁に刺さっていたり、

 女性たちがクローゼットに折り重なるように亡くなっている異様な光景でした。


Poisonous Flower













 70代の男性は超能力者のレイマルでした。

 葬儀後に彼の友人で雑誌記者をしているドックスデターが娘のオリビアを訪ね、

 生前レイマルは意識的に人間の力を吸収して念力を使っていた と言います。


 その念力で死者を甦らせていた事が分かりました。



Poisonous Flower
















 元彼のスティーブをジュリーに取られたキャロルは、彼女の事が気に入りませんでした。

 「シスター」の仲間に入りたいと言うジュリーに最後のテストとして度胸試しを提案。


Poisonous Flower














 夜間閉鎖される死体安置所に忍び込み1晩過ごせたら、

 「シスター」の仲間に入れてくれると言います。

 ジュリーはスティーブには内緒で度胸試しを行う事にしました。


Poisonous Flower













Poisonous Flower




 寝袋を持って寝る場所を探しました。










    洗面所で寝ていると、彼女を脅かそうとキャロルとキティが現れました。


Poisonous Flower














    この死体安置所には亡くなったレイマルが安置されていました。


    キャロルとキティがレイマルの悪口を言ったことで死体が復活!

    超能力で他の死体を次々と甦らせました。


Poisonous Flower














     

     彼女たちはレイマルが甦らせた死者に襲われてしまうのでした・・・。


Poisonous Flower















目オススメ度】 ドキドキドキドキドキドキ





スポンサーサイト
[ 2011/06/30 21:59 ] § ゾンビ映画 | TB(0) | CM(2)