上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

10クローバーフィールド・レーン (2016年)

10クローバーフィールド
【原題】10CLOVER FIELD LANE
【制作国】アメリカ
【収録時間】103分
【監督】ダン・トラクテンバーグ
【制作】J・J・エイブラムス、リンジー・ウェバー
【原案・脚本】ジョシュ・キャンベル、マット・ストゥーケン
【出演】ジョン・グッドマン(ハワード)
    メアリー・エリザベス・ウィンステッド(ミシェル)
    ジョン・ギャラガー・Jr(エメット)



内容


恋人と喧嘩をして家を出たミシェルは車で夜道を走行中に

後ろから来たトラックに激突され、意識不明に!

目を覚ますと見知らぬ地下シェルターの中でベッドに鎖で縛られていました。

そこへシェルターの所有者、巨漢の男ハワードが現れ

「君を救うため、ここへ連れて来た。

外の世界は化学兵器によって汚染され皆死んだ」と言います。

シェルターの中には腕を怪我しているエメットがいました。

エメットは、このシェルター作りに協力して避難をさせてもらっていました。

ハワードの言葉を信用できないミシェルは何とかして

ここから脱出しようと考えるのですが・・・。


感想


2008年に制作された「クローバーフィールドHAKAISHA」が面白かったので

観に行きましたが、全然似ていなかったです。

HAKAISHAはPOV作品ですが、今回は普通の映画です。

この作品は100%中80%くらいがシェルター内のドラマで

エイリアンに襲われるシーンが最後の20%くらいでした。

ドラマは色々とツッコミ所がありました。

上記に書いてありますが、シェルターに保護してあげたのに

何故部屋に鍵を掛けて鎖で繋いだのか?

悪人に監禁されたと疑われても仕方ないと思います。

その他にもエメットが知っている人物を

ハワードが自分の娘だと嘘をついたり・・。

シェルターの所有者ハワードは悪人か善人か?と言うドラマでした。


私はエイリアン目当てで観に行ったので、物足りない感じがしました。

最後も途中で終わるような感じだったので、

エンドロールが終わったら、オマケ映像があるかも?と期待しましたが、

何も無かったし、映画館に観に来る程の面白さでは無かったですね。

面白さは普通でした。(o´_`o)ハァ・・・


オススメ度】
スポンサーサイト
[ 2016/06/17 22:55 ] § SF・パニック系ホラー映画 | TB(-) | CM(0)

人間まがい (2013年)

人間まがい
【原題】ALMOST HUMAN
【制作国】アメリカ
【収録時間】79分
【監督・制作・脚本・撮影】ジョー・ベゴス
【制作】アンソニー・アンブロジーノ
    コリー・ロックマン、ジョシュ・イーシアー
【音楽】アンディ・ガーフィールド
【出演者】グラハム・スキッパー(セス)
      バネッサ・リー(ジェン)
      ジョシュ・イーシアー(マーク)


内容


1987年10月13日の夜、セスは友人のロブと一緒に

車に乗っていると、突然眩しい光に照らされ

ロブが何かに連れ去られてしまいました。

セスは友人のマークの家に助けを求めに行くと、

マークと婚約者のジェンがいました。

デリーの町全体が謎の光に包まれると停電になり、

鼓膜が破れそうな大きい怪奇音が聞こえました。

マークが銃を持って外に出ると、、

忽然と姿を消してしまいました。

セスはマークの行方不明事件に関与していると疑われ

逮捕されましたが、証拠不十分で釈放されました。

事件から2年後・・・。

マークの婚約者ジェンは、その後、他の男性と婚約。

セスは事件以来、体調不良が続き予知能力のような

不思議な力が身についていました。

デリーの町で2年前と同じ謎の発光現象が発生!

セスは行方不明のマークが戻ってくると直感するのでした・・。


感想


メーン州のパッテンで実際に起きた事件を基に作られたそうです。

上の内容を読んでもらうと分かると思いますけど、

エイリアン・アブダクションの話です。

しかし、この作品にはエイリアンやUFOの映像は出て来ません。

それでは面白く無いのでは?と思うかも知れませんが

この作品は最初から最後まで話のテンポが良いのです。

内面が別人のように変わってしまったマークが

次々と殺人を犯してゆく所が見どころですね。

昔に観たことがあるような内容の映画でしたが、

面白かったのでオススメです!


オススメ度】










[ 2016/02/24 22:28 ] § SF・パニック系ホラー映画 | TB(-) | CM(0)

エクストラ テレストリアル (2014年)

エクストラ テレストリアル
【原題】EXTRA TERRESTRIAL
【制作国】カナダ
【収録時間】101分
【監督】コリン・ミニハン
【制作】ショーン・アンジェルスキー
    マーティン・フィッシャー
【脚本】ザ・ヴィシャス・ブラザーズ
【出演】ブリタニー・アレン(エイプリル)
    フレディ・ストローマ(カイル)
    ジェシー・モス(セス)
    メラニー・パパリア(メラニー)
    アンニャ・サヴィッチ(レックス)
    マイケル・アイアンサイド(トラヴィス)



内容


大学生のエイプリルは両親に頼まれ

売出し中の別荘の写真を恋人のカイルと2人で

撮りに出掛けるつもりでしたが、

友人3人も一緒に行く事になってしまいました。

郊外に建つ別荘の周辺では家畜が殺害されたり

行方不明者が多発していました。

到着した夜に、空から森の中に何かが落下したのが見え

車に乗って見に行くとUFOが炎上しており、

宇宙人らしき足跡が残されていました。

怖くなって帰る途中で、上空に巨大なUFOが現れ

仲間の1人が連れ去られてしまい、別荘に引き返すのですが・・・。


感想


最近のエイリアン・アブダクション系ホラーはPOVが多く

あまり面白いと思える作品が無かったのですが、

この作品は久しぶりに楽しめました♪

どういう点が良かったかと言うと・・・

●POVではなく普通の映画の所

●ホラー映画によく在りがちな展開

●しつこく現れる宇宙人

●グロいシーンの特殊メイクが良かった。

●これで終わりなのかと思っていると、
 まだ話が続くような丁寧な作りになっていた。

●実際にこういう事件が起きたら、そうなるのかもと思わせる
 妙にリアルな感じのラスト


私には不思議と怖さは感じませんでしたが、

意外と面白かったのでオススメです。


オススメ度】
    






[ 2015/11/14 21:37 ] § SF・パニック系ホラー映画 | TB(-) | CM(2)

リメイニング (2014年)

リメイニング
【監督・制作・原案・脚本】ケイシー・ラ・スカラ
【制作】マーク・ビエンストック
    ブラッド・ラフ
【脚本】クリス・ダウリング
【出演】アレクサ・ヴェガ(スカイラー)
    ショーン・サイポス(ジャック)
    ジョニー・ペイカー(トミー)
    ブライアン・デチャート(ダン)


内容


ダンとスカイラーの結婚披露パーティーの途中で

突然、人々が次々と謎の即死。

生き延びた人々が外に出てみると、

墜落した飛行機や路上で死んでいる人々の姿が!

雷鳴と共に巨大な氷の塊が降って来たため

友人が避難していると思われる教会に逃げ込む事に。

しかし、謎の怪物が教会に現れ、次々と死んでゆくのでした。



感想


※ネタバレあり注意!



聖書に書かれている世界の終焉と同じ事が、

もし実際に起こったらどうなるのかを映像化したような内容です。

即死する人と死なない人の違いは

信仰心が、あるかないかで決まります。

普通なら、信仰心のある者は助かるのですが、

この作品の場合は逆で、即死してしまいます。

信仰心が無い者は生き延びますが

謎の怪物(堕天使?)によって殺されます。

信仰心が無い者が、神の信仰を選んだ途端にすぐに殺されます。

最初の氷の塊が空から降って来て、教会に逃げ込むまでは

ハラハラして面白いなと思いましたが、

逃げ込んだ後は、怪物が外にいる気配だけで

戦う訳でも無く、一方的に殺されるだけなので

退屈に感じられました。

クリスチャンの人なら、楽しめるかも知れませんが

無信仰者の多い日本人にはウケない内容のように

思えました。


オススメ度】 

[ 2015/11/10 21:56 ] § SF・パニック系ホラー映画 | TB(-) | CM(0)

カリフォルニア・ダウン (2015年)

カリフォルニア・ダウン
【原題】SAN ANDREAS
【制作国】アメリカ
【収録時間】114分
【監督】ブラッド・ペイトン
【制作】ボー・フリン
【脚本】カールトン・キューズ
【原案】アンドレ・ファブリツィオ
    ジェレミー・バスモア
【出演者】ドウェイン・ジョンソン(レイ)
     カーラ・グギーノ(エマ)
     アレクサンドラ・ダダリオ(ブレイク)
     ポール・ジアマッティ(ローレンス教授)


内容


愛する娘を急流下りの事故で亡くして以来、夫婦関係が冷え込んでいた

ロサンゼルスのレスキュー隊でパイロットをしているレイは

娘のブレイクに頼まれ自転車を妻の恋人ダニエルが暮らす

家まで車で運んであげる事に。

そこで妻が近いうちに自分と離婚をした後、

新しい彼と同棲すると聞かされショックを受けるのでした。

レイは娘を学校があるサンフランシスコまで車で送る予定でしたが

ネバダでダムが決壊する大地震が発生し、その救助に向かうため、

ブレイクは資産家の妻の恋人ダニエルのプライベートジェット機で送ってもらう事に。

ネバダに向かう途中で今度はカリフォルニアで地震が発生!

レイは妻を救出するために引き返すことに。

一方、娘のブレイクはダニエルと建設中の自社ビルに立ち寄った後、

地下駐車場で車に乗り込むと突然、巨大地震が発生!

ブレイクは車のシートに足を挟まれ身動きが出来なくなってしまうのでした・・。


感想


アメリカの南部から西部にかけて約1300Kmに渡るサンアンドレアス巨大断層で

巨大地震が発生する話です。

上の内容には書きませんでしたが、離婚寸前の家族の他にも

地震学者が登場します。

私は地震などのパニック映画が好きで何本か観ていますが

この作品の迫力は今までで一番凄いかも。

普通、この手の地震の映画は長いドラマの後に中盤あたりで

地震が発生し、建物から脱出するような展開が多いですが、

この作品はオープニングから絶体絶命の救助シーンがあったり、

ダムの崩壊、巨大地震のシーンが3回もあり、

ビルが倒壊し、巨大津波発生など、見どころが沢山あります。

実際に起きたらシャレになりませんが本物のような映像でした。


主人公の家族の救出劇は様々な乗り物を利用したりするので、

リアリティに欠けているなと思いました。

レスキュー隊員なのに、仕事そっちのけで家族だけ救出するのかよ?と、

色々突っ込み所がありますが、パニック映画としては最後まで

ハラハラして楽しめると思います。

機会があれば映画館で是非観てくださいね♪


オススメ度】 
[ 2015/09/14 21:54 ] § SF・パニック系ホラー映画 | TB(-) | CM(2)