上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スプリット (2017年)

スプリット
【原題】SPLIT
【監督・制作・脚本】M・ナイト・シャマラン
【出演】ジェームズ・マカヴォイ(ケビン)
    アニヤ・テイラー=ジョイ(ケイシー)
    ベティ・バックリー(Dr.カレン・フレッチャー)
    ジェシカ・スーラ(マルシア)
    ヘイリー・ルー・リチャードソン(クレア)


内容


級友の誕生日会の帰りに見ず知らずの男が車に乗り込み

睡眠スプレーで眠らされた3人の女子高生が拉致監禁されてしまいました。

どこかの地下室で目覚めた3人のの前に、多重人格者の誘拐犯が現れ

大変な目に遭うのでした・・・。


感想


面白そうな話の設定だったので映画館で鑑賞しました。

23人の多重人格と、新たに狂暴な「ビースト」という人格が現れるという事でしたが、

実際に現れる人格は10人未満でした。

私はホラー映画っぽい過激な展開を期待していたのですが、

全然大したシーンは無く、逃げ出そうとしても他の部屋に移される程度だったので、

途中で少し眠ってしまいました。(;^_^A アセアセ・・・

暴力的な人格者は「ビースト」以外現れないので物足りない感じです。

最後にはグロいシーンが少しありましたが、

もっと血みどろなシーンがあれば面白かったかも。

ラストには大物俳優が登場し、ある映画と繋がりがあったと言う展開らしいです。

※私は、その映画を観ていないのでよく分かりませんでしたが・・。

監禁場所が意外だった所だけ驚きました。

つまらなくはないけれど、レンタルで十分かな。


オススメ度】 







スポンサーサイト
[ 2017/05/14 21:29 ] § サスペンス・スリラー映画 | TB(-) | CM(0)

デッド・オア・リベンジ (2015年)

デッド・オア・リベンジ
【原題】LANDMINE GOES CLICK
【制作国】ジョージア
【収録時間】105分
【監督】レヴァン・バキア
【制作】イラクリ・チクヴァイゼ、ニカ・アプリアシヴィリ
【脚本】アドリアン・コルッシ
【出演】スターリング・ナイト(クリス)
    スペンサー・ロック(アリシア)
    ディーン・ガイヤー(ダニエル)
    コーテ・トロルダヴァ(イリヤ)



内容


アメリカ人の若者3人はジョージアにある山に

トレッキング旅行にやって来ました。

ここは数年前に紛争地帯で戦車・大砲・地雷があった場所でした。

アリシアとダニエルは婚約中で、クリスはダニエルの親友でしたが、

旅行に来る前にクリスはアリシアと浮気をした事を2人だけの秘密に・・。

今夜はテントを張って宿泊する事にしました。

翌朝、カメラの運搬を頼んでいたデビと言う男が現れ

3人で記念写真を撮ってもらう事になりました。

すると、クリスが地面に埋められていた地雷を踏んでしまい

動けなくなってしまいました。

クリスはダニエルにアリシアとの浮気を告白し、

その仕返しとして、カメラ運びのデビに協力をしてもらい

クリスに地雷を踏むよう誘導した事が分かりました。

ダニエルとデビは2人を置き去りにして去って行きました。

クリスの為に塹壕を作ろうと、アリシアが穴を掘っていると、

銃を持ち、犬を連れた中年男イリアが現れ、

「助けてもらいたければ言う事を聞け」と要求。

次第に要求がエスカレートしてゆき大変な事になるのでした・・・。


感想


過激な復讐劇を期待しましたが、

犯人が行った悪事を真似たような復讐だったので、

過激さは思ったよりも控えめでした。

スッキリとした復讐劇なら良かったのですが、

後味が悪く、気分が滅入る終わり方でした。(o´_`o)


オススメ度】


[ 2016/06/14 21:53 ] § サスペンス・スリラー映画 | TB(-) | CM(0)

独房の生贄~悪霊が棲む213号室~ (2011年)

独房の生贄
【原題】CELL 213
【制作国】カナダ
【収録時間】109分
【監督】スティーヴン・ケイ
【制作】ハサイン・ザイディ
【脚本】マニンダー・チャナ
【出演】エリック・バルフォー(マイケル・グレイ)
    デボラ・ヴァレンテ(オードリー・デイビス)
    マイケル・ルーカー(レイ・クレメント)



内容


マイケル・グレイ弁護士は殺人犯を次々と無罪釈放している

有能な弁護士でした。

ある日、弁護依頼人の殺人犯チャーリー・ジョンストンに面会をするため

サウス・リバー刑務所を訪れたところ、

面会中に囚人のチャーリーがグレイ弁護士のペンを自分の首に刺し自殺。

自殺をする直前にチャーリーは「次は君の番だ」と意味不明な事を言いました。

チャーリーは独房の213号室に入所後、殺害した少女の怨霊に怯え

精神的に追い詰められていたのでした。

目撃者が他に居ない事からグレイ弁護士が殺人容疑で逮捕となり、

チャーリーと同じ213号室の独房に入れられる事に。

独房に入ると、グレイもチャーリーと同じような恐怖現象に遭い

精神的に追い詰められてゆくのでした・・・。


感想


この後、刑務所内の暴行や虐待を調査している

州更生課のオードリー・デイビスという女性がやって来て

グレイの話を聞いて、何とか力になろうとしてくれます。


オープニングから囚人を恨む幽霊が出て来たりしたので

怖そうだな♪と期待していましたが、

ホラー映画と言うよりも刑務所ドラマのような感じ

生贄という邦題ですが、そういう話ではなく

213号室に入ると幻覚による恐怖で精神的におかしくなるような内容でした。

私的には独房に入った囚人が次々と悪霊に惨殺されるような

恐ろしい展開を期待していたので、正直ガッカリしました。

ですが、刑務所ドラマとして観れば、それ程酷い作品ではありません。


オススメ度】 







[ 2016/01/18 21:47 ] § サスペンス・スリラー映画 | TB(-) | CM(0)

MISSING ミッシング (2008年)

ミッシング
【原題】深海尋人
【制作国】香港
【収録時間】117分
【監督・制作・脚本】ツイ・ハーク
【音楽】リッキー・ホー
【出演】アンジェリカ・リー(ガオ)
    シャオドン・グォ(グォドン)
    イザベラ・リョン(シャオカイ)
    チャン・チェン(サイモン)


内容


精神科医の恋人(ガオ)にプロポーズをするために

海洋写真家の(グォドン)は妹のシャオカイと3人で

沖縄県の与那国島にある海底遺跡を見に行く事に。

ガオとグォドンの2人でダイビング中にトラブルが発生し

グォドンが行方不明に!

ガオも、その時の記憶を失くしてしまいました。

数日後、グォドンの遺体が発見されましたが

頭部は行方不明のままでした。

ガオは知り合いの医師に頼み

催眠療法で記憶を取り戻そうとしましたが失敗。

催眠療法で使用した薬剤を持ち帰り

自分に投与した所、幽霊が見えるようになるのでした・・。


感想


この作品は前半がホラー映画っぽい感じで、

中盤には大どんでん返しがあり、

現実的な話になってゆく、

2部作品のような凝った内容で頭が混乱しました。(;^_^A

私的には前半の心霊系の流れで最後まで続けて欲しかったです。

ラストは終わりそうで、なかなか終わらずイライラしました。

もっと短くした方が良かったのでは?

ホラー映画かと思ってレンタルしましたが、

死んでも会いたいと願う

せつない男女のラブストーリー
でした。


オススメ度】 
[ 2015/05/12 21:56 ] § サスペンス・スリラー映画 | TB(-) | CM(0)

ファイナル・デッドクルーズ (2008年)

ファイナル・デッドクルーズ
【原題】DONKEY PUNCH
【制作国】イギリス
【収録時間】99分
【監督・脚本】オリヴァー・ブラックバーン「KRISTY クリスティ(14)監督」
【制作】アンガス・ラモント、ロビン・グッチ、マーク・ハーバート
【脚本】デヴィッド・ブルーム
【出演】ジェイミー・ウィンストン(キム)
    ショーン・ブレッキン(リサ)
    ニコラ・バーリー(タミー)
    ロバート・ボールター(ショーン)
    トム・バーク(ブルーイ)
    ジュリアン・モリス(ジョシュ)
    ジェイ・テイラー(マーカス)



内容&感想


3人の女性が旅行先で4人の船乗りの男性たちと知り合い

彼らの船でクルージングをさせてもらうことになったのですが、

沖合で乱交パーティの最中に、

1人の女性が首にドンキー・パンチを受け首の骨を折って死亡。

男たちは事実を隠そうと、その死体を海に投棄した事から

殺し合いに発展してゆく話です。


「ファイナル・デッド~」シリーズの新作だと思ってレンタルをしたのですが

上に書いたように全くの別物でした。

サメに襲われて次々と殺されるような展開を予想していましたが、

サメは出て来なかったです。( ̄ω ̄;)

ポルノ映画みたいな過激なシーンが前半にあって、

思わず早送りしてしまいました。(;^_^A アセアセ・・・

私は女性が死んだシーンから観始めましたが、

ホラー映画と言うよりもサスペンスという感じの内容でした。

殺し合いの果てに誰が最後に残るのか?

後半には痛そうなシーンが結構あったので面白かったです。


オススメ度】 









[ 2015/04/18 22:15 ] § サスペンス・スリラー映画 | TB(-) | CM(2)