ラザロ・エフェクト (2015年)

ラザロ・エフェクト
【原題】THE LAZARUS EFFECT
【制作国】アメリカ
【収録時間】83分
【監督】デヴィッド・ゲルブ
【制作】ジェイソン・ブラム
    ジミー・ミラー
    コーディ・ズウィーグ
【脚本】ルーク・ドーソン
    ジェレミー・スレイター
【出演】マーク・デュプラス(フランク)
    オリヴィア・ワイルド(ゾーイ)
    ドナルド・グローヴァー(ニコ)
    サラ・ボルジャー(エヴァ)
    エヴァン・ピーターズ(クレイ)


内容


カリフォルニア州の聖パテルヌス大学の研究室で

昏睡患者の神経細胞死の抑制法の研究が行われ、

神経細胞の再増殖を早める「ラザロ血清」を生成に成功。

死んだ犬の側頭葉に投与してみたところ犬が蘇生し、

犬の脳内で新しい神経回路を驚異的な速さで作り出し

超能力のような能力が発揮されました。

大学の学長に無許可の実験がバレた事で

契約違反となり研究財産が出資会社に没収されてしまい、

深夜に研究室に忍び込んで研究を続行する事に。

死んだ犬の蘇生実験中にゾーイが感電死してしまい、

ラザロ血清を投与するのですが・・・。


感想


脳が急速に活性化し、特殊能力が身に付く所が

「LUCY/ルーシー」という映画に似ていると思いました。

ホラー映画としては、それ程怖いシーンが無かったので、

過激なシーンが、もっとあれば面白くなったかも。

犬をもっと活躍させて欲しかったです。

でも、最近観た映画の中では面白い方だと思います。


オススメ度】



スポンサーサイト
[ 2016/11/15 22:38 ] † ホラー映画 【2015年】 | TB(-) | CM(0)

クリムゾン (2015年)

クリムゾン
【原題】THE HOLLOW
【制作国】アメリカ
【収録時間】85分
【監督・脚本】シェルドン・ウィルソン
【制作】クリスティーナ・オシェイ=デイリー
【脚本】リック・サヴァル
【出演】ステファニー・ハント(サラ)
    サラ・ダグディル(マーリー)
    アリーシャ・ニュートン(エマ)
    リチャード・ハーモン(セス)


内容


両親を車の事故で亡くして以来、悪夢に悩まされているエマの治療の為、

3人姉妹は孤島で暮らす叔母の家に向かう事になりました。

フェリーに乗る前に長女のサラは島に行くと言う男から

「以前、ハロウィンの日に嵐が来た時に島の住人が大勢死んだ、

嵐が過ぎるまで行かない方が良い」と警告されましたが、

2人にはその事を言わず、島に到着しました。

叔母さんの家に車で向かう途中でガス欠になり歩いて行くと

家の近くの道で叔母さんが車の中で死んでいるのを発見!

目玉が無く、体の中が燃えていました。

長女のサラは怪我を負った女性を叔母の家に保護し

病院へ向かおうとすると、木の化け物が現れ

3姉妹は車で町へ逃げるのですが・・・。


感想


100年前のハロウィンの前日に島で魔女狩りがあり、

6人の少女が火あぶりとなりました。

死の直前に嵐を呼び寄せ、蘇った邪悪な魂が

ハロウィンが終わるまでに島にいる者を皆殺しにし、

100年に一度邪悪な魂が蘇ると言われていた伝説が

本当に起きてしまった話です。

木の化け物は少しの隙間でも侵入し、枝を伸ばして

炎を吐き襲いかかって来ます。

テレビ用に作られた映画にしてはVFXが良かったです。

木の化け物に関しては良かったのですが・・・。

主人公の3人姉妹が観ていてムカつきました。

特に三女のエマが、車に乗っていた筈がいつのまにか

行方不明になったり、

キャーキャー騒ぐと木の化け物に気付かれると言うのに

大声をだしたりするので、イライラしました。

雷が鳴っても雨が降らないし、風も吹かないので

嵐っぽく思えない演出もイマイチに思いました。

木の化け物に襲われるシーンだけが良いなと思えた作品でした。


オススメ度】



[ 2016/11/04 21:20 ] † ホラー映画 【2015年】 | TB(-) | CM(0)

センソリア/死霊の館 (2015年)

センソリア
【原題】SENSORIA
【制作国】スウェーデン
【収録時間】81分
【監督・制作・脚本】クリスチャン・ホールマン
【原案・脚本】モンス・F・G・トゥンベリ
【出演】ラナ・オールソン(キャロライン)
     アリダ・モルベリ(エマ)
     ボーエル・ラーション(エルザ)
     ラファエル・ペッタソン(ヨハン)


内容


30代後半の女性(キャロライン)は子供を亡くした後、

夫に捨てられ、1人で古いアパートに引っ越す事になりました。

その部屋は80年代にある事件が起きた部屋で

次々と奇怪な現象が発生!

アパートに住んでいる住人も不気味な人たちばかりでした。

そんなある日、部屋にミーと名乗る少女が遊びに来るのですが・・。


感想


DVDのジャケットには「全世界絶望の恐怖」と書かれていましたが、

大して怖いとは思えませんでした。(;^_^A アセアセ・・・

主人公の女性もジャケットに描かれた美女ではなく

生活に疲れた感じのオバサンでした。(私には40代後半に見える)

ポルターガイスト現象や幽霊が背後にチラチラ映り込むような

ジワジワした恐怖演出は怖いなと思えましたが、

最終的になぜイマイチ怖く感じなかったかと言うと、

「恐怖の根源の弱さ」だと思います。

映画「死霊館」のような強力な悪魔が現れないので

話が盛り上がりに欠けるように感じました。

死霊の話なら、霊能者を呼んで除霊してもらうような

シーンがあった方が楽しめたかも知れません。


オススメ度】 








[ 2016/10/30 22:12 ] † ホラー映画 【2015年】 | TB(-) | CM(0)

ヘルケバブ~悪魔の肉肉パーティー (2015年)

ヘルケバブ
【原題】BASKIN
【制作国】トルコ/アメリカ
【収録時間】97分
【監督】ジャン・エヴェル
【制作総指揮】トッド・ブラウン、ムーグ・バユトラス、マイク・ホステンク
【脚本】オグルジャン・エラン・アカイ
【出演】ムハレム・バイラク
    マフメット・アキフ・ブダク
    ファディク・ビュルビュル
    デリン・チャンカヤ



内容


レストランで夕食を終え、パトカーに乗っていた警官5人が

昔から不吉な噂が絶えない場所と云われるインチャージ地区に

仲間からの応援要請を受け向かうことになりました。

ところが途中で何かを轢いてしまいパトカーが池に転落。

仕方なく森の奥の現場まで歩いて向かうと、

トルコ帝国時代に警察署だったという廃墟の前に仲間のパトカーを発見!

中に入ると、そこには肉片と血にまみれた人々の姿がありました。

邪教集団に捕まった警官たちは大変な事態になってしまうのでした・・。


感想


私の予想では殺人狂のケバブ屋の店主が

人肉をケバブにして売っている話かと思いましたが全然違いました。

目玉をくり抜くのが好きな拷問好きの邪教集団に捕まった警官たちの話でした。

教団のトップがお笑い芸人の「バイきんぐ小峠さん」に似ていました。

話が面白くなるのが開始から50分くらいと遅く、

現実なのか空想なのか?よく分からない話の作り方で、

これから盛り上がるかと思いきや、話が中断する事があり、ガッカリしました。

かなりグロそうかな?と期待していましたけど思ったよりも大したシーンは無く

最後のオチも、やっぱりそういう事かと思いました。

大量のカエルが出て来たり不気味な雰囲気は良かったけれど、

面白さは私的にイマイチでした。


オススメ度】








[ 2016/08/18 22:58 ] † ホラー映画 【2015年】 | TB(-) | CM(0)

フッテージ デス・スパイラル (2015年)

フッテージ・デス・スパイラル
【原題】SINISTER2
【制作国】アメリカ/イギリス
【収録時間】97分
【監督】キアラン・フォイ
【制作】ジェイソン・ブラム、スコット・デリクソン
【脚本】スコット・デリクソン、C・ロバート・カーギル
【出演】ジェームズ・ランソン(元副保安官)
    シャニン・ソサモン(コートニー・コリンズ)
    ロバート・ダニエル・スローン(ディラン)
    ダルタニアン・スローン(ザック)
    リー・ココ(クリント・コリンズ)
    テイト・エリントン(ストムバーグ博士)



感想


「フッテージ」の続きから始まります。

今回の主人公は前作に登場した副保安官です。

死の連鎖を断つ為、惨殺現場の家に人が住めないように

空家に火を点けようとした所、暴力夫から逃れているシングルマザーと

双子の息子が暮らしていたという設定です。

今回も一家惨殺ビデオが出て来るのですが、

過激さが増しているように思いました。

続編なので、あまり期待していませんでしたが

結構楽しめました♪


内容


コートニーは、暴力的な夫から逃れ、友人の父が所有している空家に

双子の息子(ディランとザック)を連れ引っ越して来ました。

その家は以前に一家惨殺事件があり子供1人が失踪している曰くつき物件で

子供の幽霊たちが毎晩現れ、一家惨殺のビデオを

ディランに見せ仲間にしようとしていました。


オズワルト事件で副保安官を辞めた男性が、空家だと思われたこの家を

燃やそうとしていると、家の中からコートニーが現れ

彼女が夫から逃げて、ここで暮らしている事を知りました。

元副保安官は死の連鎖を防ぐため、この家を出て行かないように話すのですが・・。


オススメ度】



[ 2016/07/04 22:58 ] † ホラー映画 【2015年】 | TB(-) | CM(0)