上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ホラー・シネマ・パラダイス (2010年)

ホラーシネマ・パラダイス
【原題】ALL ABOUT EVIL
【制作国】アメリカ
【収録時間】98分
【監督・脚本・制作・出演】ジョシュア・グランネル
【制作】ダーレン・スタイン
    ブライアン・ベンソン
    デイビー・ブルベイカー
【出演】ナターシャ・リオン(デボラ)
    ジャック・ドナー(ミスター・トウィグス)
    トーマス・デッカー(スティーブン)
    ミンク・ストール(エブリン)
    ノア・セガン(エイドリアン)



感想


変な感想になりますが、この作品は

ジョン・ウォーターズ監督が作ったような映画に思えました。

監督のジョシュア・グランネルさんは

ジョン・ウォーターズさんの作品の大ファンなのか、

女装怪優の「ディヴァイン」にそっくりな格好で出演されています。
ディヴァイン←ディヴァイン


ジョン・ウォーターズ監督作品に多数出演されている

女優のミンク・ストールさんも出演されていますし、

その他にも、変わったキャラクターが沢山出演されている

変態チックな所が似ていると思いました。

私が一番気に入ったキャラクターは双子の美少女殺人鬼です。

この作品の面白いと思えた所は、

本当の殺人映像なのに映画だと勘違いして

観客が絶賛している所や、

ラストの満席の映画館の中で

頭の無い死体が天井から落下するシーンが一番笑えました。

血みどろの惨殺シーンが結構あるので

ホラー映画ファンには楽しめると思います。


内容


図書館に勤めているデボラは、亡き父が経営していた

ホラー専門の深夜映画館を年老いた映写技師のトウィグスさんに

タダ同然で協力してもらい営業を続ける事に。

トウィグスさんが外出中に1人で働いていると、

意地悪な母親がやって来て、

「この土地を売るからサインをして」と言われ

激怒したデボラは持っていたボールペンで母親を刺殺してしまいました。

劇場内では上映を待つ観客が怒鳴り始めた為、

デボラは映写室で機械を適当に操作をしてみると、

母親を殺すまでの監視カメラ映像が誤って上映されてしまいました。

その映像がリアルだと観客から絶賛され

以前から女優に憧れていたデボラは短編のスナッフ映像を作り

上映をする事で映画館は大繁盛してゆくのですが・・・。


オススメ度】 







スポンサーサイト

ビューティフル・ダイ (2010年)

ビューティフル・ダイ
【原題】A HORRIBLE WAY TO DIE
【制作国】アメリカ
【収録時間】87分
【監督】アダム・ウィンガード「サプライズ(11)監督」
【制作】トラヴィス・スティーヴンス
【制作・脚本】サイモン・バレット
【音楽】ジャスパー・ジャスティス・リー
【出演】AJ・ボーウェン(ギャリック)
    エイミー・サイメッツ(サラ)
    ジョー・スワンバーグ(ケヴィン)
    ブランドン・キャロル(ラスティ)
    レイン・ヒューズ(リード)
    


内容&感想


この作品は依存症をテーマにしたような内容でした。

殺人依存症の男とアルコール依存症の女が出て来て、

それぞれ別々に話が進行して行きます。

殺人狂の男は刑務所にファンレターが沢山届くような人気者で

移送中に警官を襲い、ある目的の為に脱走します。

アル中の女の方は集団セラピーに通っていて、ある男性と親しくなります。

何でアル中になったのかが徐々に明らかになり、

最後には意外な展開になりました。

話は面白かったのですが最後がチョットあっさりしすぎかな。

殺害シーンも直接殺害するシーンが少なく

死体が映るだけだったのでホラー映画ファンとしては

過激さが物足りない感じでした。


オススメ度】 




[ 2014/04/17 22:05 ] † ホラー映画 【2010年】 | TB(-) | CM(4)

ネクロノス (2010年)

ネクロノス
【原題】NECRONOS
【制作国】ドイツ
【収録時間】127分
【監督・制作・脚本・撮影】マーク・ローンストック
【制作】ラース・ローンストック
【音楽】ラモン・カルテンバッハ
【出演】トーマス・センダー(ネクロノス)
    ティモ・フックス(ゴラン)
    マノシュ(魔女)
    タニヤ・カリウス(ルーシー)



感想


この作品の監督は以前「グレーブヤード ゾンビの墓場」を

作られています。

メイクが安っぽいし、話の内容も正直つまらなかったのですが

ゾンビの食事シーンの残虐度が一般のゾンビ映画と比べて高く

私的には高評価でした。

今回の作品は前作よりも更にキ●ガイ度がUPしていて

同じくドイツ映画界で鬼畜監督として有名な

「新ゾンビ」「ビヨンド・ザ・リミット」のオラフ・イッテンバッハ監督

「ドイツチェーンソー大量虐殺」のクリストフ・シュリゲンズイーフ監督

「悪魔のえじき ブルータル・デビル・プロジェクト」のアンドレアス・シュナース監督作品をも

超える残虐作品となっております。( ̄ω ̄;)

どこが凄かったかと言うと、

最初から最後まで全体の約80%くらいが残虐シーンで出来ており、

顔面をハンマーで殴る、斧で首をはねる、股間から長剣で串刺し

チェーンソーで生きたまま解体、妊婦から胎児を取りだし・・など。

かなり狂った内容なので最後まで観るのは大変でした。(;^_^A アセアセ・・・

主人公のネクロネスよりも、しもべのゴラン1人だけが大活躍していて

「13日の金曜日」のジェイソンを思い出すような湖のシーンもあります。

後半には、生きた人間たちから作りだした狂戦士が誕生しますが

1シーンしか登場しなかったのが残念に思えました。

次回作が出来たら是非活躍させて欲しいです。

グロいスプラッター映画が大好きと言う方にオススメの作品です♪


内容


中世の時代に悪魔のしもべとなった魔術師のネクロノスは

王国を恐怖に陥れた罪で処刑となりましたが、

悪魔の力によって現代に復活!

ネクロノスが無限の力を手にするには

「選ばれし者(純潔の魔女)」の血が必要でした。

ネクロノスは、しもべのゴランに頼み

次々と人間を拉致

何人かの女を連れて来ましたが、

なかなか見つかりませんでした。

悪魔から兵器を持つ人間を破滅させる為、

新たな任務として狂戦士を作るよう命じられ

ゴランに必要な材料を集めさせるのでした・・。


オススメ度】 (一般的には全然オススメ出来ません)








[ 2014/03/01 22:16 ] † ホラー映画 【2010年】 | TB(-) | CM(0)

チャイルズ・アイ (2010年)

チャイルズ・アイ
【原題】童眼
【制作国】香港
【収録時間】97分
【監督・制作・脚本】オキサイド・パン、ダニー・パン
【制作】アルヴィン・ラム
【脚本】トーマス・パン
【出演】レイニー・ヤン(レイニー)
    ショーン・ユー(ロク)
    エレイン・コン(リン)
    ラム・カートン(チェン)



感想


「THE EYE(02)」「ゴースト・ハウス(07)」などを手掛けたパン・ブラザーズの作品です。

タイトルが「チャイルズ・アイ」なので子供の眼にまつわる話かと

思っていたのですが全然違った内容でした。

妊娠中に動物を殺生すると奇形児が生まれて来ると言う伝説の話です。

女の幽霊や半身人間半身犬の奇形児が登場したりしますが

話の展開がリアリティーに欠けていて正直怖いとは思えませんでした。

ホテルの中なのに異次元の世界に迷い込むとか・・・。

意味がよく分からない展開が多かったです。

異次元の世界という設定ではなく、リアルな殺人モノにした方が

ホラー映画として怖くなったかも?

幽霊を見える犬が活躍した所は良かったけれど

期待していたよりもイマイチな作品でした。(;^_^A アセアセ・・・


内容


香港人の3組のカップルがタイを旅行中に

反政府デモに巻き込まれ空港が閉鎖

宿泊していたホテルも閉鎖となり、

仕方なく古びたホテルに宿泊する事になりました。

このホテルには支配人が3人の孤児と1匹の犬を住まわせており

6人が到着早々、犬に吠えられてしまいました。

ホテルのレストランでは何故か7人分の食事が届けられ

得体の知れない恐怖を感じていました。

そんな中、外で暴動が発生したと言うので様子を見に行くと

レイニーが幽霊の女を目撃!

リンが幽霊が伸ばした手に掴まれそうになり気絶

今回の旅行では最近喧嘩ばかりしているレイニーとロクの

カップルの仲を修復するのが目的でした。

男たち3人が突然ホテルの中から消えてしまい

女3人で行方を探すのですが・・。


オススメ度】 











[ 2014/02/15 22:04 ] † ホラー映画 【2010年】 | TB(-) | CM(0)

ザ・スキャナーウォーズ (2010年)

ザ・スキャナーウォーズ
【原題】PSYCHIC EXPERIMENT
【制作国】アメリカ
【収録時間】94分
【監督・脚本】メル・ハウス
【出演】デントン・ブレーン・エベレット(コール)
    レジー・バニスター(ジョセフ・ウェバー)
    アドリエンヌ・キング(ルイーズ・シュトラック)
    シャノン・ヒバリ(ジェニファー)



感想


DVDのジャケットのイメージでは超能力で街を破壊するような

感じの作品かな?と思いましたが、こんなシーンはありませんでした。

研究所で勝手に選ばれた人間がいつの間にか被験者にされて

超能力を身につける話なのですが

念力を本人が使っているのか?よく分からない感じでした。

何故かと言うと、何か事件が起こる際に超能力者が

頭痛と鼻血を出して苦しんでいるようにしか見えないのです。

超能力者は何人かいるんですけど、

鼻血が出るだけみたいな。(;^_^A アセアセ・・・

話の内容はオープニングのテロップ記事をよく読んで

じっくり2回鑑賞しないと意味がよく掴めない感じでした。

登場人物が多く、似たような女性が何人かいるし

どういう人物か?よく分からないうちに殺されてしまうし

全身黒こげで炎を出して歩いているミュータントのような化け物は

一体何なのか?分からない事だらけの作品でした。

これだけ読むとかなりつまらない作品に思えるでしょうけど

良い部分もありました。

映画「ファンタズム」のレジー役で御馴染のレジー・バニスターさんが

児童虐待の犯人役(超能力者)で活躍されています。

大型のスーパーマーケットで気味の悪い人形が沢山動き出し

人間を襲うシーンはホラー映画ファンには必見かも。

私は「サスペリア2」以来の衝撃を覚えましたよ。(笑)

あと、チョイ役でしたが「パラノーマル・アクティビティ」の

ケイティ・フェザーストーンさんも出ていました。

人間が殺されるシーンも結構グロくて良かったです。

不思議な面白さの作品という感じでした。



内容



低所得者用に建てられた住宅街にはルイーズ・ストラックが

行っている研究所があり、

住民たちは知らない間に実験台にされ3人に1人が癌を発症

ひと月に3回も地面が陥没し行方不明者が12人も出ていました。

若者グループが事件の真相をつかむ為、活動を開始!

15年前に児童虐待で逮捕され仮釈放されたウェバーが

遠方では無く、再び同じ街に釈放された事に疑問を感じ

追跡すると、買い物に出掛けた先で信じられない事件が発生!


都会で暮らしていたコール・グレイが帰郷し

研究所で働く事に。

元恋人だったジェニファーは仲間と研究所に潜入する為に

コールの荷物からカードキーを盗むのですが・・。


オススメ度】

[ 2013/11/28 22:19 ] † ホラー映画 【2010年】 | TB(-) | CM(0)