上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

デビルズ・レイプ (2011年)

デビルズ・レイプ
【原題】MORITURIS
【制作国】イタリア
【収録時間】86分
【監督・制作・脚本】ラッファエレ・ピッキオ
【制作】ジャンルイジ・ペロンヌ
【脚本】テッツィアーノ・マテーラ
【出演】ヴァレンティーナ・ダンドレア
    デジレ・ジョルゲッティ
    アンドレア・デ・ブリュン
    ジョゼッペ・ニッティ


内容&感想

※この作品に出演者の役名はありません。


ルーマニア人女性2人がディスコで知り合ったイタリア人男性3人に

パーティに誘われ車で向かったのですが

山の奥地にある古城遺跡に連れて行かれ

酷い暴力と強姦に遭い男たちに殺されそうになるのですが、

この土地を古代から守るグラディエーターの獅子たちが蘇り
デビルズ・レイプ2

彼らを次々と殺害し、磔にする話です。

知り合ったばかりの男たちを信用した女にも非があると思いましたが

この作品に出てくる男たちは皆、最低のクズでした。

甦った獅子たちは映画「ヘルレイザー」の魔道士みたいな感じで

それぞれ違った武器を持っている所が良かったです♪

夜なので、よく見えないシーンが多いのが残念でしたが

結構痛そうなシーンがあり、ホラー映画として楽しめました。


オススメ度】 

スポンサーサイト
[ 2014/09/21 22:07 ] † ホラー映画 【2011年】 | TB(-) | CM(0)

ウルフ・タウン (2011年)

ウルフ・タウン
【原題】WOLF TOWN
【制作国】アメリカ
【収録時間】90分
【監督】ジョン・レベル
【脚本】ポール・ハート=ウィルデン
    アサビ・リー
【出演】アリシア・ジグラー(ジェス)
    レヴィ・フィーラー(カイル)
    マックス・アドラー(ベン)
    ジョシュ・ケリー(ロブ)


内容


大学生のカイルは親友のベンに協力してもらい

片思いの女性ジェスを誘い3人で「天国」と呼ばれている

廃金鉱に出掛ける事に。

しかし、ジェスにはロブと言う恋人が居る事が分かり

結局4人で向かう事になりました。

この金鉱は僅か1年で廃墟になってしまったと言います。

到着後、3人は先に金鉱の見物に向かい

カイルは少し遅れて車から降りると

1匹の狼が近くに現れました。

狼はカイルを襲う事なく離れて行きましたが

遠吠えで仲間を呼んでしまうのでした。

先に行った3人に狼の事を話しましたが信じてもらえず

今度は少し離れた場所にあるゴーストタウンに向かう事に。

そこで彼らは狼に囲まれてしまうのでした・・。


感想


狼はCGではなく本物が登場しました。

どの狼も肉付きが良いので私がイメージするような

飢えた狼には見えず迫力不足に思えました。(;^_^A

廃鉱町が僅か1年で滅びたのは狼の仕業と言う事なのですが

銃やダイナマイトがあるのだから狼を駆除出来るだろうと

思ってしまったのは私だけでしょうか?

つまらなくは無かったけれど、もっと恐怖感を出して欲しかったです。


オススメ度】 





[ 2014/08/07 21:57 ] † ホラー映画 【2011年】 | TB(-) | CM(0)

サイレント・マウンテン (2011年)

サイレント・マウンテン
【原題】BLOOD RUNS COLD
【制作国】スウェーデン
【収録時間】74分
【監督・脚本】ソニー・ラグーナ
【制作・脚本】ダヴィッド・リリェブラード
       トミー・ヴィクルンド
【出演】ハンナ・オルデンブリ(ウィノナ)
    パトリック・サクセ(リック)
    アンドレアス・リランダー(カール)
    ラルフ・ベック(ジェームス)



内容&感想


邦題のイメージでは雪山で殺人鬼に襲われる話かと思いましたが

山が舞台ではなく、家の中が舞台になっています。

アーティストの女性ウィノナが2週間の休暇を取る為に

久しぶりに故郷にある貸家で暮らす事になったのですが

マネージャーが借りた家と違う家に

間違えて辿り着いてしまい

その家に棲みつく斧を持つゾンビのような山男に

遊びに来た元彼と、その友人たちが襲われてしまう話です。

ウィノナが何故、家を間違えてしまったかと言うと

雪のせいで番地が書いてある表札が半分隠れていたからです。

それにしても、ネズミが出て来るようなボロい家なのに

不審に思わず、よく過ごせるなと思いました。(;^_^A アセアセ・・・

殺人鬼は2006年に制作されたノルウェーの「コールドプレイ」と

似ているゾンビのような山男で、人肉を食べる所も同じでした。

こちらの作品では細身の人間が演じているので

見た目の迫力には負けるけれど、動きは素早く感じました。

殺害シーンは血糊が多く使われていており

特殊メイクもなかなか良く出来ていました。

ただ、登場人物が少ないので、

殺害シーンが少ないのが残念に思えました。

あと2人くらい被害者を増やせば、もっと面白くなったかな。

でも私は、まあまあ楽しめました♪


オススメ度】 




















[ 2014/04/06 22:21 ] † ホラー映画 【2011年】 | TB(-) | CM(0)

アウトレイジ・ワールド (2011年)

アウトレイジ・ワールド
【原題】Rites of Spring
【制作国】アメリカ
【収録時間】73分
【監督・脚本】パドライグ・レイノルズ
【出演】アネッサ・ラムジー(レイチェル)
    A・J・ボーエン(ベン)
    キャサリン・ランドルフ(エイミー)
    ハンナ・ブライアン(アリッサ)



感想&内容】


DVDのジャケットのイメージだと

変態処女マニアVS.冷血誘拐犯VS.最悪殺人鬼が激しいバトルを

繰り広げる内容に思えましたが違いました。

確かに、この人たちは出演するのですが

三つ巴のバトルシーンはありません。


3つの話に分かれて進行しますが最後に1つに繋がる感じでした。


● 農家の中年男が畑の豊作を叶える為に

地下に棲みつく春の怪物に誘拐して来た純潔の生贄を捧げます。


● レイチェルは自分のミスで会社の同僚(ベン)がクビになり

責任を感じていました。

仕事を終え、友人のアリッサと酒を飲みに行った帰りに

2人とも農家の中年男に拉致監禁されてしまうのでした。


● 仕事をクビになったベンは腹いせに仲間たち3人で

勤めていた会社の社長の家に銃を持って押し入り

社長のの娘と家政婦を誘拐し多額の金を持ってくるよう要求


登場人物たちが地下室から出てきた春の怪物に襲われる話です。


地下室に閉じ込められていた怪物が何故簡単に出て来れたのか?

春の怪物の正体はいったい何?

相手のミスなのに何故自分がクビにされるのか?など

疑問点が色々ありましたが

案山子のような?死神の仮面を着けた殺人鬼に

追われて逃げるという単純な展開が楽しめました♪

内容はしっかり作られているように思えましたが

全体的にイマイチ物足りなさを感じてしまうのは何故だろう?

このジャケットのイメージで期待しすぎたせいか?

残虐さがイマイチだからかな?

普通の殺人鬼モノだと割り切って観られた方が

良いかと思います。



オススメ度】 

[ 2013/06/04 22:07 ] † ホラー映画 【2011年】 | TB(-) | CM(0)

[アパートメント:143] (2011年)

アパートメント143
【原題】EMERGO
【制作国】スペイン
【収録時間】80分
【監督】カルレス・トレンス
【制作・脚本】ロドリゴ・コルテス「[リミット](10)監督」
【出演】カイ・レノックス(アラン・ホワイト)
    ジーア・マンテーニャ(ケイトリン)
    マイケル・オキーフ(Dr、ヘルザー)
    フィオナ・グラスコット(エレン)
    リック・ゴンザレス(ポール)



内容】


小学校教師をしていたアランの妻シンシアが

亡くなってから数ヵ月後、家で怪奇現象が発生!

別のアパートに引っ越したものの

再び怪奇現象が起き始めた事から

精神科医のヘルザーが率いる

超心理学科学チームに調査を依頼

各部屋に監視カメラを設置し

様々な科学的機器で検証をするのですが・・。



感想】


家庭内のドラマが軸になっている

ドキュメンタリー・タッチの心霊モノです。

似たような作品を色々観て来ましたが

科学的な機器を一番多く使用しているかも。

ストロボ・スコープ、超音波発生装置

静電気発生装置、ファラデー箱など。

どうでも良いようなシーンは少なく

調査に没頭している所が良いなと思いました。


幽霊は調査中に一瞬映る程度でした。

ポルターガイストシーンが殆どで

演出が派手です。

特にラストはそこまでやるか!と言う感じでした。(;^_^A アセアセ・・・

映画「マニトウ」を思い出してしまいました。

怪奇現象シーンは面白いと思うけれど

派手すぎると逆に嘘っぽく見えてしまいますね。

驚かす為の効果音も要らないのでは?

最近沢山作られているPOVの心霊物の中では

良い方だと思いますが、

残念ながら怖さは、あまり感じませんでした。



オススメ度】 




[ 2013/04/25 21:42 ] † ホラー映画 【2011年】 | TB(-) | CM(0)