上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

貞子vs伽耶子 (2016年)

貞子VS伽耶子
【収録時間】99分
【監督・脚本】白石晃士
【出演】山本美月(倉橋有里)
    玉城ティナ(高木鈴花)
    佐津川愛美(上野夏美)
    安藤政信(常盤経蔵)
    甲本雅裕(森繁新一)



内容


女子大生の有里は親友の夏美からVHSテープをDVDにダビングをして欲しいと頼まれ

リサイクルショップで格安のビデオデッキを購入。

家に持ち帰り電源を入れると、

デッキの中から古びたVHSテープが出て来ました。

そのビデオを見てしまった夏美の元に非通知の電話が掛かって来ました。

先日の大学の講義で呪いのビデオを観た者は

2日後に必ず死ぬと言われていました。

翌日、ビデオデッキを購入したリサイクルショップにビデオの件を話に行くと

そのビデオを見たアルバイト店員が店内で自殺した事が分かりました。

2人は呪いのビデオに詳しい森繁教授に助けを求めるのですが・・。


呪いの家の向かいの家に引っ越して来た女子高生の鈴花は

呪いの家の前で話している4人の小学生を目撃。

翌日、その小学生が行方不明になったと知るのでした・・・。


感想


貞子と伽耶子がプロレスのように戦うシーンを予想していましたが、

VFXを使った幽霊らしいバトルでした。

最後は、どちらが勝つと言う展開ではありませんでした。

更にパワーアップした感じです。(笑)

予想よりも意外と真面目に作られたホラー映画で、

殺害されるシーンが色々工夫されていて良かったです。

観る前は正直あまり期待していませんでしたが、

2つのホラー映画を同時に楽しめ得した気分になりました♪


オススメ度】



スポンサーサイト
[ 2016/06/22 22:50 ] § 邦画ホラー映画 | TB(-) | CM(0)

残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋- (2015年)

残穢
【監督】中村義洋
【制作総指揮】藤岡修
【原作】小野不由美
【脚本】鈴木謙一
【音楽】安川午朗
【出演】竹内結子(私)
    橋本愛(久保さん)
    滝藤賢一(直人)
    佐々木蔵之助(平岡芳明)



内容


読者の体験談を元に小説を書いている私の元に

女子大生の久保さんから「最近引っ越したマンションで

畳の部屋から何かを擦るような奇妙な音が聞こえる」という

体験談が届きました。

久保さんが不動産屋に「この部屋やマンションで自殺が無いのか?」と

訊きに行った所、そういう事実は無いと言うのでホッとしました。

しかし、前の住人を訪ねてみると次の引っ越し先で自殺していた事が判明。

隣の部屋に引っ越して来た家族にも奇怪な出来事が起きている事が分かりました。

小説家の私と久保さんで、過去にここに住んでいた住人を

調べていくうちに恐ろしい過去が明らかになって行くのでした・・。


感想


観る前は怪奇住宅にまつわる話かと思っていたのですが、

1つの部屋の話だけではなく、過去にこの土地で暮らしていた人々が

昔に起きた、ある事件によって呪いが感染してゆくような話でした。

この呪われた話を知った人も呪われると言う設定なので

映画館の観客はゾッと感じると思います。

謎が徐々に明らかになってゆくと言う展開は「リング」に近いかな。

衝撃的な恐怖シーンは、ありませんがジワジワした恐怖が味わえました。

無関係だと思われた最初のシーンも後々関連している展開が良いなと思いました。

良作だと思います。


オススメ度】 

[ 2016/02/06 21:41 ] § 邦画ホラー映画 | TB(-) | CM(2)

劇場霊 (2015年)

劇場霊
【監督】中田秀夫
【製作】 由里敬三、井坂正行
中村理一郎、大角正、高橋善之
【脚本】 加藤淳也、三宅隆太
【VFXスーパーバイザー】立石勝
【出演】島崎遥香 (水樹沙羅)
足立梨花(野村香織)
高田里穂 (篠原葵)
町田啓太 (和泉浩司)
中村育二 (児島敬一)
小市慢太郎 (錦野豪太)



内容


芸能事務所に入ってから5年の女優、水樹沙羅は

いまだに役に恵まれていませんでしたが、

気鋭の演出家の新作舞台「鮮血の呼び声」のオーディションに合格し

主演のエリザベートに生き血を捧げる町娘の脇役に抜擢されました。

舞台にはエリザベートの分身として、等身大の人形が椅子に置かれていました。

その人形は呪われた生き人形で「ちょうだい」と動いて、

舞台関係者たちは次々と殺されてしまうのでした・・。


感想


何の情報も知らずに観に行ったのですが、

上の内容にも書いてある通り、劇場に幽霊が出てくる話ではなく、

等身大の生き人形が舞台関係者を襲い、生気を吸って

まるで蝋人形のような死に顔で殺される話でした。

オープニングで、その人形を作った作家が

人形に2人の娘を殺され、人形をバラバラに切断し、

残った人形の頭が舞台の倉庫に置かれていたという設定は

不気味で良いなと思いましたが、

人形が動いて襲って来るシーンは、リアルさが感じられず

怖いというよりも笑ってしまいました。(;^_^A

人形に取り憑いている霊が登場し、少しだけ人形が動くような

展開にした方が怖く感じられたかも知れません。

最近の中田監督の作品は怖さがイマイチなのが続いてますね。

昔の作品のような怖い映画をまた作って欲しいです。


オススメ度】 

[ 2015/11/23 21:50 ] § 邦画ホラー映画 | TB(-) | CM(0)

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (2015年)

進撃の巨人
【収録時間】98分
【監督】樋口真嗣
【製作】市川南 、鈴木伸育
【エグゼクティブプロデューサー】山内章弘
【プロデューサー】佐藤善宏
【原作】諫山創
【脚本】渡辺雄介、町山智浩
【特撮監督】 尾上克郎
【音楽】 鷺巣詩郎
【VFXスーパーバイザー】佐藤敦紀、ツジノミナミ
【特殊造型プロデューサー】西村喜廣
【出演】三浦春馬(エレン)
    長谷川博己(シキシマ)
    水原希子(ミカサ)
    本郷奏多(アルミン)
    三浦貴大(ジャン)
    石原さとみ(ハンジ)
     ピエール瀧(ソウダ)
     國村隼(クバル)

内容


突如出現した謎の巨人が人類の大半を喰い殺し、

生き延びた人間たちは巨大な壁を三重に築いて暮らし始めてから

100年の歳月が過ぎました。

壁の外の世界に憧れる3人の若者(エレン、ミカサ、アルミン)は

ある日、巨大な壁の近くまで遊びに行くと、

壁の大きさを超える巨人が突然現れ壁の一部を崩壊

開いた穴から巨人たちが中に入って来てしまい

人間たちは次々と食べられてしまいました。

教会に逃げ込んだエレン(三浦春馬)は中に入る事が出来なかった

ミカサ(水原希子)を助けてあげられず

内壁の中に逃げ延び、2年が経ちました・・・。

エレンはアルミンと共に武装調査団に入隊し、

外壁の修復作戦に出たのですが・・・。


感想


※漫画本を読んでいませんが、予告編が面白そうだったので鑑賞。

私は人体模型のような巨人が襲って来る話だと思っていましたが、

人体模型風の超巨大なCGの巨人は壁を崩壊する最初のシーンだけでした。

全裸で口が裂けたゾンビのような恐ろしい巨人が次々と現れたので驚きました。

巨人は皆CGなのかと思っていましたが、本物の人間を巨大化しているので

リアルな恐さがありました。

R12指定ですけど、

人間を食べるシーンは体を引きちぎり血が飛び散る残酷さで

普通のゾンビ映画よりも恐いかも?

結構グロかったので、そういうのが苦手な人にはオススメ出来ません。

巨人の特徴ですが、性器がなく、どのように繁殖したのかは謎でした。

銃で撃っても、体が再生してしまいます。

弱点が一つだけあって首の後ろを斬ると死にます。

最後には妙な展開になって、次回作では巨人の謎が明らかになると思われます。

ホラー映画のような内容だったので意外と楽しめました。


オススメ度】 








[ 2015/08/03 21:57 ] § 邦画ホラー映画 | TB(-) | CM(2)

寄生獣 完結編 (2014年)

寄生獣 完結編
【収録時間】118分
【監督・脚本・VFX】山崎貴
【制作】市川南、中山良夫
【原作】岩明均
【脚本】古沢良太
【出演】染谷将太(泉新一)
    深津絵里(田宮良子)
    阿部サダヲ(ミギー)
    橋本愛(村野里美)
    大森南朋(倉森)
    浅野忠信(後藤)
    新井浩文(浦上)
    北村一輝(広川)



内容&感想


パラサイトたちは市庁舎をアジトに組織化を図り

更なる勢力拡大に向け準備を進めていました。

右手に寄生生物のミギーを宿す高校生の新一は

人間を食料とするパラサイトを駆除し

人間からもパラサイトからもマークされる存在に。


警察ではパラサイトを見分ける能力を持つ

連続殺人鬼の浦上の協力で対パラサイト特殊部隊を結成。

ジャーナリストの倉森はミギーと会話をしている新一の

スクープ写真を撮影し一攫千金を狙うのですが・・。


前作が面白かったので期待して鑑賞。

今回は映画のチラシにも書いてある通り

「愛する人を守れますか?」と言う感じの内容でした。

一番印象に残ったのは無表情なパラサイトの田宮良子が

人間ぽく赤ちゃんをあやすシーンです。

彼女のラストシーンが可哀想でした。

主人公の新一は同級生の里美と親密な関係になり

最後まで彼女を守れるか?という感じでした。

この作品はR12ですけど、殺人狂の男が女をナイフで

殺すシーンがあったり、

新一と里美が一夜を共にするラブシーンがあったりして、

ファミリー向けとは思えませんでした。(;^_^A

前作が結構グロかったので、

今回も更に過激な展開を期待していましたが

前作よりもグロさは控え目な感じで

浅野忠信さんが演じる最強パラサイトとの

バトルシーンが面白かった程度で

内容的にはチョット退屈に思えました。

私的にはレンタルで十分に思えました。


オススメ度】 





[ 2015/04/29 22:13 ] § 邦画ホラー映画 | TB(-) | CM(2)